• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
松崎菊也
著者のコラム一覧
松崎菊也戯作者

53年3月9日、大分県別府市生まれ。日大芸術学部放送学科卒業後は宇野重吉らが率いる「劇団民藝」に所属。その後はコントグループ「キモサベ社中」「キャラバン」を経て、88年にコントグループ「ニュースペーパー」を結成。リーダー兼脚本家として活躍した。98、99年にはTBSラジオ「松崎菊也のいかがなものか!」でパーソナリティーを務めた。現在も風刺エッセイや一人芝居を中心に活躍中。

ボクシング世界王者が失恋でKO 男なんてモロいもんよ

 プロボクシングWBCスーパーフライ級に、シーサケット・ソールンビサイ選手って、タイのたいへんに強いチャンピオンがいる。31歳になった今年、17年間付き合ってた彼女からSNSで破局を宣言されて、おまけに新しい彼氏の写真までアップされたもんで、ショックのあまりボクシングが続けられなくなったというニュース(読者は知らんだろうな、オレも知らんかった)。

 次なる世界戦に、なにくそ! と彼女を奪った男と挑戦者をダブらせてぶっとばしたる! ト、まあな、チャンピオン防衛へネジを巻くよすがとすればよかろう、とか、ポジティブシンキングで乗り越える方策もあろうが、シーサケット選手はシー(彼女)との関係がサケッちまって、立ち直れんらしいのよ。

■ジジイ死んで化粧濃くなり…

 気の毒この上なく、一日も早く失恋の痛手から立ち直られることをお祈り申し上げ、わたくしのご挨拶とさせていただくことでもねえが、いやナニ、これでフト思い出したのが、野球だけならともかく、他のスポーツでも物議を醸す発言、女子テニスの大坂なおみ選手が試合中に感情が抑えきれなくなって泣きだしたのを「女の子だねえ、失恋でもしたかな」と張本勲がコキやがった件な。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  2. 2

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  3. 3

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

  4. 4

    総裁選で論戦拒否…安倍首相が打って出た「逃げ恥」作戦

  5. 5

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  6. 6

    恋愛に厳しいはずが…剛力彩芽を“黙認”するオスカーの打算

  7. 7

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  8. 8

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<下>

  9. 9

    剛力彩芽へ助言…私生活をSNSにアップする女優は伸びない

  10. 10

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

もっと見る