松崎菊也
著者のコラム一覧
松崎菊也戯作者

53年3月9日、大分県別府市生まれ。日大芸術学部放送学科卒業後は宇野重吉らが率いる「劇団民藝」に所属。その後はコントグループ「キモサベ社中」「キャラバン」を経て、88年にコントグループ「ニュースペーパー」を結成。リーダー兼脚本家として活躍した。98、99年にはTBSラジオ「松崎菊也のいかがなものか!」でパーソナリティーを務めた。現在も風刺エッセイや一人芝居を中心に活躍中。

ボクシング世界王者が失恋でKO 男なんてモロいもんよ

公開日: 更新日:

 プロボクシングWBCスーパーフライ級に、シーサケット・ソールンビサイ選手って、タイのたいへんに強いチャンピオンがいる。31歳になった今年、17年間付き合ってた彼女からSNSで破局を宣言されて、おまけに新しい彼氏の写真までアップされたもんで、ショックのあまりボクシングが続けられなくなったというニュース(読者は知らんだろうな、オレも知らんかった)。

 次なる世界戦に、なにくそ! と彼女を奪った男と挑戦者をダブらせてぶっとばしたる! ト、まあな、チャンピオン防衛へネジを巻くよすがとすればよかろう、とか、ポジティブシンキングで乗り越える方策もあろうが、シーサケット選手はシー(彼女)との関係がサケッちまって、立ち直れんらしいのよ。

■ジジイ死んで化粧濃くなり…

 気の毒この上なく、一日も早く失恋の痛手から立ち直られることをお祈り申し上げ、わたくしのご挨拶とさせていただくことでもねえが、いやナニ、これでフト思い出したのが、野球だけならともかく、他のスポーツでも物議を醸す発言、女子テニス大坂なおみ選手が試合中に感情が抑えきれなくなって泣きだしたのを「女の子だねえ、失恋でもしたかな」と張本勲がコキやがった件な。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤原紀香の評価に変化…夫・片岡愛之助の躍進が追い風に

  2. 2

    サザン時代の自分は地上2メートル上をフワフワ浮いていた

  3. 3

    “青汁王子”こと三崎優太氏のYouTubeでの主張に対する弊社の見解

  4. 4

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  5. 5

    ド派手実業家「青汁王子」のマズイ素顔…反社との関係発覚

  6. 6

    自民党総裁選で乱発 「共通の価値観」を唱和するお笑い

  7. 7

    岡部大がブレークか 代役MCにドラマ出演、CMも隠れた人気

  8. 8

    菅首相の父は豪放磊落な地元の名士 まったく違うタイプ

  9. 9

    草刈正雄 コロナ禍で考えた家族と仕事「後悔ないように」

  10. 10

    ハナコ岡部が朝ドラで評価上昇 “ライバル”はハライチ澤部

もっと見る