鈴木良平
著者のコラム一覧
鈴木良平サッカー解説者

1949年6月12日生まれ。東京都世田谷区出身。東海大卒業後の73年、ドイツの名門ボルシアMGにコーチ留学。名将バイスバイラーの薫陶を受け、最上級ライセンスのS級ライセンスを日本人として初取得。84-85年シーズンのドイツ1部ビーレフェルトのヘッドコーチ兼ユース監督。なでしこジャパン初代専任監督。98年福岡ヘッドコーチ。

ポルトガル代表ロナウド 空中で止まって見える強靱の肉体

公開日:

 欧州CL決勝でリバプールを倒し、史上初の3大会連続13度目の優勝を果たしたスペインの名門レアル・マドリード。

 大黒柱FWクリスティアーノ・ロナウドは、CL決勝こそ無得点に終わったが、今季CL通算15ゴールで得点王。バルセロナのFWメッシと並び、世界最高峰ストライカーであることをきっちりと証明してみせた。

 そのメッシには「なくて」、C・ロナに「あるもの」は何だろう?

 まずは「圧倒的にパワフルなシュート力」。利き足ではない左足でも破壊力満点のシュートが打てるし、その中でも「遠い距離からのシュート」は大きな武器だ。

 日頃から「どっちが優秀か?」とメッシと比較されることの多いC・ロナだが、このロングシュートのパワフルさは世界一と言っていい。


 さらにヘディングシュートの力強いこと。生来の強靱なフィジカルのおかげであるが、トレーニングの成果も見逃せない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  2. 2

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  3. 3

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  4. 4

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  5. 5

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  6. 6

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  7. 7

    巨人のFA丸獲得は“天敵”広島対策 最強オプションの提示も

  8. 8

    巨人原監督“正捕手起用”の意向…炭谷のFA補強に西武OB警鐘

  9. 9

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る