コロンビア戦勝利“陰の功労者” 早川直樹コーチの仕事ぶり

公開日:

 日本はコロンビア戦の前半6分、MF香川がPKを決めて先制した。前半のうちにコロンビアに同点に追い付かれたが、相手は勝ち点3を狙って攻勢をかけてくるわけでもなく、「このままドローでOK」という消極的な試合運びだった。

 エースFWファルカオ以外の選手にはキレがなく、長友が「スピードお化け」と警戒したサイドアタッカーのフアン・クアドラードも自慢の快足を披露する場面はなかった。

 コロンビアの選手たちは、明らかにコンディション調整に失敗した。

 それが試合内容と結果に反映された。

 日本は13日にキャンプ地カザンに入ったが、そこでは負荷をかけた練習はほとんど見られず、コンディション調整を優先した。正直に言って「この程度の負荷で日に日に暑くなるロシアで戦えるのか?」と思った。しかし、日本人選手のコンディションの良さは一目瞭然。日本スタイルがコロンビアを打ち破ったといえるが、功労者として早川直樹コンディショニングコーチを挙げたい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  3. 3

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  4. 4

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  5. 5

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  6. 6

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  7. 7

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  8. 8

    米中“諜報戦争”激化で…安倍首相は日中関係のちゃぶ台返し

  9. 9

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  10. 10

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

もっと見る