コロンビア戦勝利“陰の功労者” 早川直樹コーチの仕事ぶり

公開日: 更新日:

 日本はコロンビア戦の前半6分、MF香川がPKを決めて先制した。前半のうちにコロンビアに同点に追い付かれたが、相手は勝ち点3を狙って攻勢をかけてくるわけでもなく、「このままドローでOK」という消極的な試合運びだった。

 エースFWファルカオ以外の選手にはキレがなく、長友が「スピードお化け」と警戒したサイドアタッカーのフアン・クアドラードも自慢の快足を披露する場面はなかった。

 コロンビアの選手たちは、明らかにコンディション調整に失敗した。

 それが試合内容と結果に反映された。

 日本は13日にキャンプ地カザンに入ったが、そこでは負荷をかけた練習はほとんど見られず、コンディション調整を優先した。正直に言って「この程度の負荷で日に日に暑くなるロシアで戦えるのか?」と思った。しかし、日本人選手のコンディションの良さは一目瞭然。日本スタイルがコロンビアを打ち破ったといえるが、功労者として早川直樹コンディショニングコーチを挙げたい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台風19号で断水 町の自衛隊給水支援に神奈川県が“待った”

  2. 2

    逆流下水は糞尿混じり…武蔵小杉タワマン台風19号被害ルポ

  3. 3

    金丸信吾氏「拉致問題解決は国交正常化こそが一番の近道」

  4. 4

    大一番でスタメンの福岡堅樹にスコットランドは面食らった

  5. 5

    パCSファイナルで激突 西武とソフトBはFA戦線でも暗闘

  6. 6

    巨人にやっと1勝…阪神には落合博満のような“劇薬”が必要

  7. 7

    複数球団が熱視線 ソフトB福田がオフFA最大の目玉は本当か

  8. 8

    坂本の腰痛不安で続く遊撃探し 巨人“外れドラ1”候補の名前

  9. 9

    予算委で露呈 想像を超えるオンポロ内閣、チンピラ答弁

  10. 10

    セは来季も巨人の独り勝ち濃厚 ライバル5球団に好材料なし

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る