• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

コロンビア戦勝利“陰の功労者” 早川直樹コーチの仕事ぶり

 日本はコロンビア戦の前半6分、MF香川がPKを決めて先制した。前半のうちにコロンビアに同点に追い付かれたが、相手は勝ち点3を狙って攻勢をかけてくるわけでもなく、「このままドローでOK」という消極的な試合運びだった。

 エースFWファルカオ以外の選手にはキレがなく、長友が「スピードお化け」と警戒したサイドアタッカーのフアン・クアドラードも自慢の快足を披露する場面はなかった。

 コロンビアの選手たちは、明らかにコンディション調整に失敗した。

 それが試合内容と結果に反映された。

 日本は13日にキャンプ地カザンに入ったが、そこでは負荷をかけた練習はほとんど見られず、コンディション調整を優先した。正直に言って「この程度の負荷で日に日に暑くなるロシアで戦えるのか?」と思った。しかし、日本人選手のコンディションの良さは一目瞭然。日本スタイルがコロンビアを打ち破ったといえるが、功労者として早川直樹コンディショニングコーチを挙げたい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  3. 3

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  4. 4

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  5. 5

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  6. 6

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

  7. 7

    太田光“裏口”報道は法廷へ 光代社長「橋下先生に委任状」

  8. 8

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  9. 9

    巨悪に甘い日本の大メディア 米新聞トランプ一斉批判で露呈

  10. 10

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<番外編>

もっと見る