• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

母国が52年ぶりW杯に王手か クロアチア対インクランド展望

 ロシアW杯準決勝の残り1試合(日本時間12日午前3時キックオフ)は優勝経験のあるイングランドが生き残るのか?  それとも進境著しいクロアチアが初めて決勝の舞台に進むのか?

 それを占う前に「堅守のフランス」と「爆発力のベルギー」との準決勝について――。

 フランスは攻撃陣の破壊力が目立つが、最大の武器は堅牢な守備だ。準々決勝までの5試合のうち3試合無失点という結果が、それを象徴している。準々決勝でブラジルを撃破したベルギーがエースFWのE・アザール(チェルシー)らが軸となり、その壁をどうこじ開けていくのか?

 予想通りの展開となった。ベルギーが一気に攻勢をかけ、辛抱していたフランスが前半30分ごろから押し込み始め、後半6分に右CKからDFウンティティ(バルセロナ)が値千金ヘッドで先制。

 この虎の子の1点をしっかりと守り切り、06年ドイツ大会以来となる決勝の切符を手に入れた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “被害者”が激白 塚原夫妻の無責任指導とでっち上げの実態

  2. 2

    体操協会なぜ切れず? 塚原夫妻“職務一時停止”本当の目的

  3. 3

    東京、神奈川、四国…“地方票”石破氏の猛追に安倍陣営焦り

  4. 4

    交通遺児に残された亡父の車を競売に…劇的展開に感動の嵐

  5. 5

    海外では国民が猛反発…「年金改悪」日本だけがやすやすと

  6. 6

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  7. 7

    最下位転落はすぐそこ…DeNAラミ監督の続投に2つの条件

  8. 8

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  9. 9

    池谷幸雄氏が激白 塚原夫妻“権力の実態”と体操協会の暗部

  10. 10

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

もっと見る