• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

母国が52年ぶりW杯に王手か クロアチア対インクランド展望

投稿日:  更新日:

 ロシアW杯準決勝の残り1試合(日本時間12日午前3時キックオフ)は優勝経験のあるイングランドが生き残るのか?  それとも進境著しいクロアチアが初めて決勝の舞台に進むのか?

 それを占う前に「堅守のフランス」と「爆発力のベルギー」との準決勝について――。

 フランスは攻撃陣の破壊力が目立つが、最大の武器は堅牢な守備だ。準々決勝までの5試合のうち3試合無失点という結果が、それを象徴している。準々決勝でブラジルを撃破したベルギーがエースFWのE・アザール(チェルシー)らが軸となり、その壁をどうこじ開けていくのか?

 予想通りの展開となった。ベルギーが一気に攻勢をかけ、辛抱していたフランスが前半30分ごろから押し込み始め、後半6分に右CKからDFウンティティ(バルセロナ)が値千金ヘッドで先制。

 この虎の子の1点をしっかりと守り切り、06年ドイツ大会以来となる決勝の切符を手に入れた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  4. 4

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  5. 5

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

  6. 6

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  7. 7

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  8. 8

    投票の“証拠写メ”強制…沖縄知事選で自公が異常な締めつけ

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    浮沈はサーシャに…大坂なおみ“女王君臨”への落とし穴

もっと見る