ヘルニアから奮起 立浪親方を惚れ込ませた明生力の素質

公開日:

 ひと目見た瞬間、立浪親方(元小結旭豊)が惚れ込んだという。

 奄美大島出身で、小学生時代はわんぱく相撲優勝という実力者。中学時代は鳴かず飛ばず、どの部屋のスカウト網にも引っ掛からなかった。

 立浪部屋のタニマチ筋が言う。

「そんな明生を“発掘”したのが、立浪部屋のマネジャーです。元アマ力士という経験もあり、全国を飛び回って、これはという力士を探していた。明生は中学時代から180センチあったので、親方も『え!? こんな力士が(他の部屋に目をつけられずに)残ってたの!?』と驚くと同時に大喜びしていた。本人は高校に進学して柔道をやり、相撲はその後に……と思っていたようだが、父親が大の相撲ファン。『おまえの夢は力士だろ! 高校に進学? そんなんじゃダメだ!』と一喝されて、入門したと聞いています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る