• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ヘルニアから奮起 立浪親方を惚れ込ませた明生力の素質

 ひと目見た瞬間、立浪親方(元小結旭豊)が惚れ込んだという。

 奄美大島出身で、小学生時代はわんぱく相撲優勝という実力者。中学時代は鳴かず飛ばず、どの部屋のスカウト網にも引っ掛からなかった。

 立浪部屋のタニマチ筋が言う。

「そんな明生を“発掘”したのが、立浪部屋のマネジャーです。元アマ力士という経験もあり、全国を飛び回って、これはという力士を探していた。明生は中学時代から180センチあったので、親方も『え!? こんな力士が(他の部屋に目をつけられずに)残ってたの!?』と驚くと同時に大喜びしていた。本人は高校に進学して柔道をやり、相撲はその後に……と思っていたようだが、父親が大の相撲ファン。『おまえの夢は力士だろ! 高校に進学? そんなんじゃダメだ!』と一喝されて、入門したと聞いています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    関西圏から勧誘 花咲徳栄の岩井監督に聞く「選手集め」

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    12年を経て…リア・ディゾンが明かした「黒船」の重圧と今

  4. 4

    秋田・金足農の中泉監督が語る 球児の体力と練習の今昔

  5. 5

    国会議員は7割支持でも…安倍首相を襲う「地方票」の乱

  6. 6

    異例の事態 「翁長知事死去」海外メディア続々報道のワケ

  7. 7

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  8. 8

    スパイ容疑で拘束 北朝鮮に通った39歳日本人男性の行状

  9. 9

    スピード婚と長すぎる春 結婚生活が長持ちするのはどっち

  10. 10

    安倍3選確実といわれる総裁選で国民に問われていること

もっと見る