ヘルニアから奮起 立浪親方を惚れ込ませた明生力の素質

公開日:

 ひと目見た瞬間、立浪親方(元小結旭豊)が惚れ込んだという。

 奄美大島出身で、小学生時代はわんぱく相撲優勝という実力者。中学時代は鳴かず飛ばず、どの部屋のスカウト網にも引っ掛からなかった。

 立浪部屋のタニマチ筋が言う。

「そんな明生を“発掘”したのが、立浪部屋のマネジャーです。元アマ力士という経験もあり、全国を飛び回って、これはという力士を探していた。明生は中学時代から180センチあったので、親方も『え!? こんな力士が(他の部屋に目をつけられずに)残ってたの!?』と驚くと同時に大喜びしていた。本人は高校に進学して柔道をやり、相撲はその後に……と思っていたようだが、父親が大の相撲ファン。『おまえの夢は力士だろ! 高校に進学? そんなんじゃダメだ!』と一喝されて、入門したと聞いています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  2. 2

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  3. 3

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  4. 4

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  5. 5

    後輩芸人と絶縁宣言で浮き彫りに JOYとユージの好感度の差

  6. 6

    石崎ひゅーいとは破局か “共演者キラー”蒼井優の次の相手

  7. 7

    動くとビキニが…水原希子“透け映えコーデ”に会場クギづけ

  8. 8

    日産は会長人事見送り…ルノーに逆らえずクーデター大失敗

  9. 9

    「THE W」優勝 阿佐ヶ谷姉妹より受けていたのは滝沢カレン

  10. 10

    実は辺野古反対派 昭恵夫人「海を守りたい」思いはどこへ

もっと見る