ライバル不在も奮起なし…豪栄道と高安は“いるだけ大関”

公開日: 更新日:

 3横綱1大関が休場した名古屋場所。こんなときこそ、残った大関陣が奮起すべきだが、この2人にそんな自覚があるのかどうか。

 16日はともに薄氷の勝利を手にした大関豪栄道と高安。高安は決まり手こそ突き落としも、内容は“自滅幇助”といったありさまだった。土俵際で体を入れ替えた際、バランスを崩して土俵外に出る玉鷲の腰を軽く押したに過ぎない。結びの一番を取った豪栄道も輝を攻めきれず、結局は土俵際で逆転の上手投げだった。

 今場所は御嶽海が初日から9連勝の快進撃を続けている。1敗の朝乃山が続き、2敗の高安、遠藤、栃煌山と、ここでようやく大関の名前が出てくる。豪栄道に至っては、すでに3敗だ。

 大関は地位の頂点でなくとも重要な看板であるが、この2人を見る限り、そんな意識は見受けられない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    れいわ新選組・山本太郎氏「世の中変わるなら捨て石上等」

  2. 2

    ジャニー氏死去で数々の噂 KinKi“解散秒読み”報道は本当か

  3. 3

    まるで被害者ヅラ 昭恵夫人が応援演説で公選法違反のススメ

  4. 4

    戦略的投票で改憲勢力3分の2を阻止 国の命運握る17選挙区

  5. 5

    復帰のめど立たず 休演を予測させた最後の「海老蔵歌舞伎」

  6. 6

    安倍自民が恐れ、大メディアが無視する山本太郎の破壊力

  7. 7

    元SMAP合流より生き残りを…中居正広ジャニーズ残留の算段

  8. 8

    【静岡】立憲と国民横一線 官邸介入情報で野党陣営が泥仕合

  9. 9

    錦織圭を輩出 盛田正明氏が私財投じ財団を立ち上げた深層

  10. 10

    10月スタート「幼児教育・保育の無償化」は喜んでいいの?

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る