• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

リミットまで4日…BC栃木・村田修一の救世主は“ZOZO球団”

投稿日:

 いまだに買い手がつかない。

 BC栃木の村田修一(37)が25日、武蔵戦で3試合連続の本塁打となる同点2ラン。NPBから声がかからない中で、必死のアピールである。

 昨オフ、巨人をクビになり、シーズン中の補強期限である7月31日まで残り4日に迫っている。戦力外直後は、中日、オリックス、楽天などが村田の獲得に興味を示していたが、入団は実現しなかった。オリックスはトレード期限の迫った今月、DeNAドラ1内野手の白崎浩之を獲得。昨季の日本シリーズでソフトバンクから本塁打を放った打撃力を買われた。松坂大輔を獲得した中日も、くすぶる高橋周平を二塁手と三塁手で粘り強く起用。森監督が本紙のインタビューで「もちろん優勝は目指す。でも、どっちかというとまず育てること」と語っていたように、助っ人以外の補強には消極的だ。


 楽天は梨田監督が成績不振で電撃辞任。平石代行になって潮目が変わり、15勝9敗と勝率もいい。わざわざ空気を変える必要はないだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  2. 2

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

  5. 5

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  6. 6

    投票の“証拠写メ”強制…沖縄知事選で自公が異常な締めつけ

  7. 7

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  8. 8

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  9. 9

    浮沈はサーシャに…大坂なおみ“女王君臨”への落とし穴

  10. 10

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

もっと見る