リミットまで4日…BC栃木・村田修一の救世主は“ZOZO球団”

公開日:

 いまだに買い手がつかない。

 BC栃木の村田修一(37)が25日、武蔵戦で3試合連続の本塁打となる同点2ラン。NPBから声がかからない中で、必死のアピールである。

 昨オフ、巨人をクビになり、シーズン中の補強期限である7月31日まで残り4日に迫っている。戦力外直後は、中日、オリックス、楽天などが村田の獲得に興味を示していたが、入団は実現しなかった。オリックスはトレード期限の迫った今月、DeNAドラ1内野手の白崎浩之を獲得。昨季の日本シリーズでソフトバンクから本塁打を放った打撃力を買われた。松坂大輔を獲得した中日も、くすぶる高橋周平を二塁手と三塁手で粘り強く起用。森監督が本紙のインタビューで「もちろん優勝は目指す。でも、どっちかというとまず育てること」と語っていたように、助っ人以外の補強には消極的だ。


 楽天は梨田監督が成績不振で電撃辞任。平石代行になって潮目が変わり、15勝9敗と勝率もいい。わざわざ空気を変える必要はないだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    誤球の松山に「お粗末の極み」と厳し声 手抜きの指摘も

  3. 3

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  4. 4

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  5. 5

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  6. 6

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  7. 7

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  8. 8

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  9. 9

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  10. 10

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

もっと見る