山根会長の朋輩 日大田中理事長の“夜の乱行”エピソード

公開日:

 連日ワイドショーの話題をかっさらっているアマチュアボクシング界の“ドン”こと、日本ボクシング連盟の山根明会長(78)。3日のテレビ生出演以降、次々とメディアの取材に応じているが、もうひとりの“ドン”は表に出てくる気配がない。悪質タックル問題で揺れる日大の田中英寿理事長(71)である。

「山根会長と田中理事長はコワモテ同士、ウマが合うのでしょう。数十年来の仲ともいわれている。山根会長の奥さんが経営している大阪市内のクラブに2人でよく行っていたようです」(全国紙記者)

 山根会長はテレビの取材に対し、田中理事長との交友関係について、「日大は(ボクシングで)5年連続で優勝していますから」と交流があることを認めている。その2人の“ドン”がしばしば姿を見せたという店は、同市生野区内にある。山根会長の自宅から徒歩5分ほどの場所で、店の前の通り沿いには居酒屋やスナックが軒を連ねる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  3. 3

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  4. 4

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  5. 5

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  6. 6

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  7. 7

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  8. 8

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

  9. 9

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  10. 10

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

もっと見る