山根会長の朋輩 日大田中理事長の“夜の乱行”エピソード

公開日: 更新日:

 連日ワイドショーの話題をかっさらっているアマチュアボクシング界の“ドン”こと、日本ボクシング連盟の山根明会長(78)。3日のテレビ生出演以降、次々とメディアの取材に応じているが、もうひとりの“ドン”は表に出てくる気配がない。悪質タックル問題で揺れる日大の田中英寿理事長(71)である。

「山根会長と田中理事長はコワモテ同士、ウマが合うのでしょう。数十年来の仲ともいわれている。山根会長の奥さんが経営している大阪市内のクラブに2人でよく行っていたようです」(全国紙記者)

 山根会長はテレビの取材に対し、田中理事長との交友関係について、「日大は(ボクシングで)5年連続で優勝していますから」と交流があることを認めている。その2人の“ドン”がしばしば姿を見せたという店は、同市生野区内にある。山根会長の自宅から徒歩5分ほどの場所で、店の前の通り沿いには居酒屋やスナックが軒を連ねる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    柔道金メダリスト内柴正人さん 第2の人生は“銭湯のオヤジ”

  2. 2

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  3. 3

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  4. 4

    三浦春馬「14年ギャラクシー賞」贈賞式ドタキャンの不可解

  5. 5

    和歌山県 仁坂吉伸知事に聞く「和歌山モデル」の全貌

  6. 6

    東出昌大は離婚で“焼け太り” 映画出演での快進撃が始まる

  7. 7

    裏金作りにキャバクラ接待 鹿島建設は“組”時代と変わらぬ

  8. 8

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

  9. 9

    都会に住むとわからない…地方の“新型コロナ差別”の実態

  10. 10

    長谷川博己も沈黙…撮影再開「麒麟がくる」はまるで“通夜”

もっと見る