高校総体後に解任動議 ボクシング連盟が山根会長を追放へ

公開日:

 底なしの疑惑に揺れる日本ボクシング連盟が、渦中の山根明会長(78)を解任する方向で準備を進めていることが分かった。岐阜市で行われているインターハイ後(7日に競技終了)にも緊急理事会を招集し、解任動議を出すというのである。日刊ゲンダイの取材に連盟関係者は、「後任には副会長で専務理事の吉森さん(照夫氏=弁護士)を推すことになると思う」と言った。

 都道府県連盟幹部ら333人から告発された山根会長は、助成金の不正流用以外の疑惑を完全否定。メディアの取材に応じては、声を大にして身の潔白を訴えている。自身の進退についても「なんで辞めなきゃいけないんだ。悪いことはしていない。進退なんて考えていない!」と強気に繰り返しているが、これには“忖度族”が幅を利かせる連盟サイドもさすがに頭を抱えているという。

■連盟の心証がどんどん悪く

 一方的に持論をまくし立てるだけのメディアへの対応を見れば分かるように、山根会長は理路整然と冷静に話ができるタイプではない。自分で自分を「カリスマ山根」と呼び、自身のSNSで“退陣要求”した2012年ロンドン五輪金メダリストでWBA世界王者の村田諒太に関しては、「生意気だ。わしが金メダルを取らせた」と放言。対立する関係者を「前科者」と罵り、揚げ句の果てには反社会勢力との関係まで露見した。山根会長は、「正式な杯はもらっていない」と暴力団構成員だったことは否定しているものの、元山口組系暴力団組長との“黒い交際”については「50年以上の付き合い」と認めてしまう。色つき眼鏡をかけ、白髪をオールバックになでつけた迫力ある風貌とあいまって、テレビに出れば出るほど、メディアに話せば話すほど、会長自身はもちろん、連盟に対する心証も著しく悪くなっているのは確かだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    誤球の松山に「お粗末の極み」と厳し声 手抜きの指摘も

  3. 3

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  4. 4

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  5. 5

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  6. 6

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  7. 7

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  8. 8

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  9. 9

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  10. 10

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

もっと見る