山根会長の朋輩 日大田中理事長の“夜の乱行”エピソード

公開日:

 4日、現地を訪ねた本紙記者が店の周辺を取材すると、地元住民は「昔は、ここら辺はお茶屋さんがぎょうさんあって、三味線の音がよう聞こえとった」と懐かしそうに振り返り、こう続けた。

「山根さんはよう店に来とったわ。店を出るときに、若いお兄ちゃんを出口のところに2列に並ばせとった。ひと目見て、ヤクザもんやと思ったわ。確か、テレビに生出演する前日(2日)も来とったかな」

 そして、田中理事長の仰天エピソードも打ち明けてくれた。ナント! 立ち小便による“器物損壊疑惑”である。

「5、6年ぐらい前に、(山根会長の奥さんの)店から酔うて出てきた田中さんが、近くの家の前で立ちションをしとったらしい。その時に、壁の縦といを握って小便しとったようで、力入れよったのか、そのといを壊したらしいんや。ずうたいがデカイからな。そこの住人は、自腹で修理代払うたいうことや」

 田中理事長といえば、アマチュア相撲で3度横綱になった実力の持ち主。雨といをへし折るくらい朝飯前だろうが、私大理事長とは思えない“暴れん坊”ぶり。ヤレヤレである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  9. 9

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  10. 10

    “猫の目”打線にも順応 ソフトB中村は打順を選ばぬ仕事人

もっと見る