山根会長TV占拠と日大理事長の謝罪 同日は偶然か共闘か?

公開日:

 疑惑のドンがワイドショーをジャックした。

 3日、日本ボクシング連盟の山根明会長(78)がテレビ各局のインタビューに相次いで応じ、都道府県連盟幹部ら333人から提出された告発状で指摘される疑惑を改めて全否定。自ら「私は世界から『カリスマ山根』と呼ばれる男です」と言って生出演した日本テレビ系の番組では、対立する関係者の実名を挙げて「前科者ですよ!」と声を荒らげ、カメラに向かって突然、自分の息子や孫など家族の名前を大声で叫ぶなど暴走気味だったが、潔白を訴える必死さは伝わってきた。

 そんな山根会長に感化されたのか、あの日大にも動きがあった。田中英寿理事長(71)が、大学の公式ホームページ上で声明を発表。アメリカンフットボール部の悪質タックル問題が起きてから約3カ月、かたくなに沈黙を守っていた理事長が、被害者となった関学大の選手や関係者、反則指示を受けた日大選手や保護者らに対し、<深くお詫びをいたします>と謝罪、<深く反省し、改めて学生ファーストの精神に立ち返って今後の大学運営を行っていく>とつづったのである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  8. 8

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  9. 9

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  10. 10

    前JGTO副会長が吐露 男子2試合“消滅”は青木功会長が招いた

もっと見る