山根会長TV占拠と日大理事長の謝罪 同日は偶然か共闘か?

公開日:

 疑惑のドンがワイドショーをジャックした。

 3日、日本ボクシング連盟の山根明会長(78)がテレビ各局のインタビューに相次いで応じ、都道府県連盟幹部ら333人から提出された告発状で指摘される疑惑を改めて全否定。自ら「私は世界から『カリスマ山根』と呼ばれる男です」と言って生出演した日本テレビ系の番組では、対立する関係者の実名を挙げて「前科者ですよ!」と声を荒らげ、カメラに向かって突然、自分の息子や孫など家族の名前を大声で叫ぶなど暴走気味だったが、潔白を訴える必死さは伝わってきた。

 そんな山根会長に感化されたのか、あの日大にも動きがあった。田中英寿理事長(71)が、大学の公式ホームページ上で声明を発表。アメリカンフットボール部の悪質タックル問題が起きてから約3カ月、かたくなに沈黙を守っていた理事長が、被害者となった関学大の選手や関係者、反則指示を受けた日大選手や保護者らに対し、<深くお詫びをいたします>と謝罪、<深く反省し、改めて学生ファーストの精神に立ち返って今後の大学運営を行っていく>とつづったのである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  10. 10

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

もっと見る