巨人・重信の台頭で…“FAの目玉”広島・丸の獲得に影響も

公開日: 更新日:

 巨人の重信慎之介(25)がパワーアップしている。

 14日のヤクルト戦に「1番・中堅」で先発。右中間に三塁打を放つなど3安打1得点で1番打者の役割を果たした。

 外野陣はゲレーロの離脱や長野のコンディション不良などで出番が巡ってきた。7月下旬からスタメン出場が続いている。

 ドラフト2位で入団して3年目。50メートル5秒7の俊足は球界トップクラスだが、非力な打撃が課題だった。この2年はほとんど代走要員のような使われ方だった。

 さるチーム関係者がこう言う。

「スカウト間では、視察したアマチュアの試合で足が速い選手がいると、『打てるの? 重信みたいに足だけの選手はもういらないよ』と例えられることがよくある。本人だって打撃が課題だと分かっている。だから、食事とトレーニングで筋肉増量。早大の先輩・青木の腰を落とした打撃フォームを取り入れ、足だけの非力な選手からの脱却を試みています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  2. 2

    安倍首相グルメ三昧 コロナ対策会議わずか10分のデタラメ

  3. 3

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

  4. 4

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  5. 5

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  6. 6

    嵐ファン真っ青…北京公演中止に続き21年結婚ラッシュ突入

  7. 7

    川口春奈“本格女優”は茨の道 NHK大河のご祝儀も期限切れ?

  8. 8

    評論家・佐高信氏 理不尽な要求に経営者は抵抗してほしい

  9. 9

    ビートたけし「芸能界最高齢」婚は色ボケか 識者2人が分析

  10. 10

    “私人”昭恵氏の夫人付き職員問題 今も3人が「専任」の仰天

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る