巨人・重信の台頭で…“FAの目玉”広島・丸の獲得に影響も

公開日: 更新日:

 巨人の重信慎之介(25)がパワーアップしている。

 14日のヤクルト戦に「1番・中堅」で先発。右中間に三塁打を放つなど3安打1得点で1番打者の役割を果たした。

 外野陣はゲレーロの離脱や長野のコンディション不良などで出番が巡ってきた。7月下旬からスタメン出場が続いている。

 ドラフト2位で入団して3年目。50メートル5秒7の俊足は球界トップクラスだが、非力な打撃が課題だった。この2年はほとんど代走要員のような使われ方だった。

 さるチーム関係者がこう言う。

「スカウト間では、視察したアマチュアの試合で足が速い選手がいると、『打てるの? 重信みたいに足だけの選手はもういらないよ』と例えられることがよくある。本人だって打撃が課題だと分かっている。だから、食事とトレーニングで筋肉増量。早大の先輩・青木の腰を落とした打撃フォームを取り入れ、足だけの非力な選手からの脱却を試みています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    秋篠宮家の眞子さまは一時金1億5000万円では生活できない

  2. 2

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  3. 3

    秋篠宮家を守る官僚や取り巻きの危機管理はマヒ状態

  4. 4

    首都圏“宣言”解除に暗雲 都が積極的調査で陽性掘り起こし

  5. 5

    眞子さまへ一時金1億5千万円「支給するな」は法律的に暴論

  6. 6

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  7. 7

    吉本“粛清”ターゲットの大本命は加藤浩次よりキンコン西野

  8. 8

    コロナ相場は20年前と類似 ITバブルと崩壊からの教訓は?

  9. 9

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

  10. 10

    談志師匠から今度は「上納金」60万円催促の電話がかかり…

もっと見る