山根前会長が全役職を辞任…音声データが決定打で“KO負け”

公開日:

「反撃予告をしていたとはいえ、8日に行われた再興する会の会見で審判不正に関する新たな証拠として音声データが公表された。山根前会長は当初、『一部分を切り取って悪意を持って伝えている』と言っていたが、切り取りだろうがなんだろうが、『試合で接戦したらやっぱり奈良やな』『奈良の選手に(優勢を)つけないということは俺に逆らっているのかということになる』と音声テープに肉声が残っていては、もう観念するしかなかった。これが決定打になったと思う」とは、地方連盟の関係者。(記事末に音声データあり)

 日本連盟関係者によると、再興する会が山根氏の除名と合わせて要求していた理事全員の解任も、この日までに総辞職の方向で固まった。不正疑惑が告発されて以降、捨て身でパンチを出していた山根氏だったが、音声データというカウンターを食らい、完全なKO負けである。

【音声】ドン山根会長 衝撃の“恫喝肉声

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    安倍首相は「年金資産」を北方領土とバーターする気だった

  3. 3

    大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

  4. 4

    日産ゴーン逮捕の裏側と今後 衝撃はこれからが本番だ<上>

  5. 5

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  6. 6

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  7. 7

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  8. 8

    ソフトBが“相場破壊” 浅村に大魔神&松井超えの札束用意か

  9. 9

    大みそかToshlとYOSHIKI“バラ売り” 「X JAPAN」どうなる?

  10. 10

    大人も答えられない「正しいあいさつ」を小2に押しつけ

もっと見る