• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

山根前会長が全役職を辞任…音声データが決定打で“KO負け”

「反撃予告をしていたとはいえ、8日に行われた再興する会の会見で審判不正に関する新たな証拠として音声データが公表された。山根前会長は当初、『一部分を切り取って悪意を持って伝えている』と言っていたが、切り取りだろうがなんだろうが、『試合で接戦したらやっぱり奈良やな』『奈良の選手に(優勢を)つけないということは俺に逆らっているのかということになる』と音声テープに肉声が残っていては、もう観念するしかなかった。これが決定打になったと思う」とは、地方連盟の関係者。(記事末に音声データあり)

 日本連盟関係者によると、再興する会が山根氏の除名と合わせて要求していた理事全員の解任も、この日までに総辞職の方向で固まった。不正疑惑が告発されて以降、捨て身でパンチを出していた山根氏だったが、音声データというカウンターを食らい、完全なKO負けである。

【音声】ドン山根会長 衝撃の“恫喝肉声

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  3. 3

    投票の“証拠写メ”強制…沖縄知事選で自公が異常な締めつけ

  4. 4

    浮沈はサーシャに…大坂なおみ“女王君臨”への落とし穴

  5. 5

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

  6. 6

    杉田水脈議員“擁護論”の怪 「論として成立」していない

  7. 7

    テニス協会が大坂なおみへ 全米V報奨金800万円は妥当か

  8. 8

    貿易戦争 中国の切り札「米国債売却」で日本にシワ寄せ

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    大坂なおみに完敗 女王セリーナが全米決勝で逆上した真相

もっと見る