• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

山根前会長が全役職を辞任…音声データが決定打で“KO負け”

「目的は達成された」

 日本ボクシング連盟を告発した「日本ボクシングを再興する会」の鶴木良夫代表が勝利宣言だ。

 日本連盟は15日、数々の不正疑惑と暴力団関係者との交際で会長、理事を辞任した山根明氏(78)が、兼任していた関西連盟と奈良県連盟の役員、会員からも退くことを発表した。

 山根氏は日本連盟の会長、理事を辞任後も「俺は死ぬまでアマチュアボクシングに関わる」と宣言し、関西連盟理事長などの座には固執。「告発者側と戦う。わたしも人間、法律にのっとってやる」と徹底抗戦の構えを見せていた。

 この日の日本連盟のホームページによると、山根氏は同日に大阪市内で吉森専務理事と約1時間面談。関西、奈良県各連盟を含めて、ボクシング連盟への関与をすべて断つ意思を伝え、一連の騒動で選手や保護者らに不安を与えたことを謝罪したという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “被害者”が激白 塚原夫妻の無責任指導とでっち上げの実態

  2. 2

    体操協会なぜ切れず? 塚原夫妻“職務一時停止”本当の目的

  3. 3

    東京、神奈川、四国…“地方票”石破氏の猛追に安倍陣営焦り

  4. 4

    交通遺児に残された亡父の車を競売に…劇的展開に感動の嵐

  5. 5

    海外では国民が猛反発…「年金改悪」日本だけがやすやすと

  6. 6

    最下位転落はすぐそこ…DeNAラミ監督の続投に2つの条件

  7. 7

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  8. 8

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  9. 9

    トップ3は韓国勢でも LPGAは主催者に放映権を要求するのか

  10. 10

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

もっと見る