アジア大会“心配のタネ”…ジャカルタには危険がいっぱい

公開日:

「正直なところ、選手たちの成績より、そっちの方が心配ですよ」

 18日にジャカルタで開幕するアジア大会。選手を送り出す競技団体関係者が「そっち」と言うのは現地でのトラブルだ。

 イスラム教徒が多いインドネシアは世界第4位の2億5500万人の人口を誇る大国。首都ジャカルタは、都市圏人口3200万人を有する大都市だが、今も外国人をカモにする悪質なタクシーが存在し、繁華街やバスの中には集団スリやひったくりもいる。ホテルのロビーでは置き引きが後を絶たない。都市部の渋滞はひどく、交通マナーも悪いため事故に巻き込まれる日本人も珍しくない。

 前出の関係者が言う。

「本来なら異国での国際大会ですから、選手たちには異文化に触れてもらったり、多くの友人をつくって欲しい。でも、我々は2年後の東京五輪でメダル量産を課せられている。例えば、屋台で食事して体調を壊すこともある。スリやひったくりと揉み合ってケガすることもないとは言えない。繁華街などで事件に巻き込まれたら五輪の出場がアウトになるかもしれない。2年前からインドネシア各地ではテロ事件が多発している。人が集まり、注目度の高いアジア大会はテロの標的になりやすいとの情報もある。ジャカルタ中心地の北にある選手村から一歩も外へ出るなというのも酷な話だが、防げない事件、事故もありますから」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る