• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

アジア大会“心配のタネ”…ジャカルタには危険がいっぱい

「正直なところ、選手たちの成績より、そっちの方が心配ですよ」

 18日にジャカルタで開幕するアジア大会。選手を送り出す競技団体関係者が「そっち」と言うのは現地でのトラブルだ。

 イスラム教徒が多いインドネシアは世界第4位の2億5500万人の人口を誇る大国。首都ジャカルタは、都市圏人口3200万人を有する大都市だが、今も外国人をカモにする悪質なタクシーが存在し、繁華街やバスの中には集団スリやひったくりもいる。ホテルのロビーでは置き引きが後を絶たない。都市部の渋滞はひどく、交通マナーも悪いため事故に巻き込まれる日本人も珍しくない。

 前出の関係者が言う。

「本来なら異国での国際大会ですから、選手たちには異文化に触れてもらったり、多くの友人をつくって欲しい。でも、我々は2年後の東京五輪でメダル量産を課せられている。例えば、屋台で食事して体調を壊すこともある。スリやひったくりと揉み合ってケガすることもないとは言えない。繁華街などで事件に巻き込まれたら五輪の出場がアウトになるかもしれない。2年前からインドネシア各地ではテロ事件が多発している。人が集まり、注目度の高いアジア大会はテロの標的になりやすいとの情報もある。ジャカルタ中心地の北にある選手村から一歩も外へ出るなというのも酷な話だが、防げない事件、事故もありますから」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    小池都知事の沖縄入り 狙いは二階“大幹事長”に媚び売りか

  3. 3

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  4. 4

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  5. 5

    突然の“密室”夕食会…安倍首相はトランプに何を飲まされた

  6. 6

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

  7. 7

    豊漁が一転、不漁に…サンマは北海道地震を知っていたのか

  8. 8

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  9. 9

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  10. 10

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

もっと見る