陸連顧問が五輪に警鐘「このままでは人殺しマラソンに」

公開日: 更新日:

 東京都監察医務院へ取材したところ、23区内の熱中症による死者数が7月以降8月8日までに110人に達しているという。国民はこの暑さを体感したことで、「東京五輪マラソンはどうなる?」と、マスコミも騒ぎ出した。日本陸上競技連盟強化委員長、専務理事、副会長などを歴任した帖佐寛章氏(88=現・顧問)は、「東京五輪のマラソンについて、どうしても言いたいことがある」と日刊ゲンダイに連絡してきた。じっくり話を聞いた。

■1991年世界陸上は朝6時スタート

「久しぶりだな」

 ――ご無沙汰しております。昨年、東京五輪のマラソンについて持論を伺いましたが、またご意見があると。

「昨年はゲンダイで、『前例があるから、東京五輪のマラソンはスタート時間を朝6時にするべきだ』と言ったな。覚えているか」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内結子さん急死 昵懇だった三浦春馬さんの死と自身の不調

  2. 2

    竹内結子さん急死の謎 家庭と仕事の両立に金銭的な重圧も

  3. 3

    菅政権で内紛 総務相めぐる“嫌がらせ人事”に麻生氏激怒

  4. 4

    「長澤会」躍進 東出昌大かばう“男気”に心酔する女優続々

  5. 5

    なぜ芸能界に「自殺」連鎖が…芸能リポーターが憂う“残像”

  6. 6

    スガ友人事横行 異例抜擢“秋田つながり”柿崎補佐官の評判

  7. 7

    自閉症の子が愛する缶詰がコロナで店から消え…幸せな結末

  8. 8

    竹内結子さんと芦名星さんを結ぶ点と線…連鎖はあるのか?

  9. 9

    隠し子疑惑に陰毛事件 坂本1億総活躍相は“下半身ネタ”豊富

  10. 10

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

もっと見る