五輪自転車ロードコース 世界の中野浩一が激怒した理由

公開日:

「本来であればコースを選定する前に(日本自転車競技)連盟に相談すべきなのに、大会組織委員会からは一切そういうものはなかった」。世界選手権のスプリントで10連覇を果たした「世界の中野」こと、日本自転車競技連盟の中野浩一選手強化委員長がカンカンだ。

 中野強化委員長が不満を漏らしているのは、東京五輪組織委員会が9日発表した東京五輪の「自転車ロードレースのコース」(男子)に対してだ。発表によると、武蔵野の森公園(東京・府中市)をスタート。「道志みち」と呼ばれる国道413号を通って山梨と静岡の県境にある標高1111メートルの籠坂峠を上り、富士山麓で1451メートルの最高到達点を通過。平均斜度10.6%の急勾配が6.5キロ続く“心臓破りの坂”と呼ばれる三国峠を抜けて富士スピードウェイ(静岡・小山町)のゴールまでを競い合う。

 全長244キロで、レース中に上った標高の合計となる「獲得標高」は4865メートル。北京(4736メートル)やロンドン(3127メートル)、リオ(3690メートル)と比べても高いほか、「道志みち」は、道が狭く見通しが悪いことで知られている。先月18日にも自転車サイクリング部の高校生が急カーブで大型観光バスと正面衝突して死亡する事故があったばかりだ。中野強化委員長が思わず懸念を示したのも、競技者のパフォーマンスを心配してのことだろう。あらためて中野強化委員長に聞くと、こう答えた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  4. 4

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  7. 7

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  10. 10

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

もっと見る