金本監督に正念場 是が非でも「2位」死守したい阪神の事情

公開日: 更新日:

 4位の阪神は負ければ自力優勝の可能性が消滅。広島に優勝へのマジックナンバーが点灯する一戦で逆転勝ちしたが、今季5勝目(10敗)を挙げた広島とのゲーム差は11.5。残り47試合。阪神ファンだって逆転Vがほぼ不可能なことは分かっている。ならば金本監督は今、どんなことを考えながら戦っているのだろうか?

 球団内ではすでに、金本監督の来季続投は決まっているという。しかし、就任3年目の今季も優勝できず、若い野手の伸び悩みも目立つことから、ファンやOBからは、「どんな野球がやりたいのかさっぱり分からん」「阪神には指導者経験のない監督はやっぱり無理」「大山、高山、中谷の成長が止まっているのは起用法の問題」「筋トレ重視の失敗」「記録にならない失策やバントミスが多いのは金本監督がコーチに甘いから」。

 こんな監督批判の声が多くなってきた。「それは金本監督の耳にも届いています」と、在阪テレビ関係者がこう語る。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    秋篠宮家の眞子さまは一時金1億5000万円では生活できない

  2. 2

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  3. 3

    首都圏“宣言”解除に暗雲 都が積極的調査で陽性掘り起こし

  4. 4

    秋篠宮家を守る官僚や取り巻きの危機管理はマヒ状態

  5. 5

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  6. 6

    吉本“粛清”ターゲットの大本命は加藤浩次よりキンコン西野

  7. 7

    眞子さまへ一時金1億5千万円「支給するな」は法律的に暴論

  8. 8

    コロナ相場は20年前と類似 ITバブルと崩壊からの教訓は?

  9. 9

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

  10. 10

    島根・丸山知事は東京でも堂々90分超 これぞザ・記者会見

もっと見る