連戦地獄の阪神は苦戦必至…猛暑をも“味方”にするアノ球団

公開日:  更新日:

 長引く悪天候の影響で、9月に連戦地獄が待ち受けている阪神。9月19~24日の6連戦が終わると、1日空いて26日~10月5日の10連戦と、考えただけでだるくなるような過密日程が組まれている。

 セ・リーグは現在、2位以下が借金生活の団子状態。日替わりで順位が変わる状況だ。試合日程にかかわらず、CS行きをかけたAクラス争いは熾烈になるだろう。そこで阪神を苦しめるのがヤクルトではないか。

 連戦前の8月、阪神のスケジュールを見ると、巨人が6試合、DeNAと中日が4試合、広島は3試合。それに対してヤクルトは8試合が組まれ、今後は計16試合も対戦を残している。

 今季ここまで阪神はヤクルトとの対戦成績が6勝3敗。しかし、ヤクルトは体力が消耗されるはずの後半戦に強い。シーズン96敗と惨敗した昨季は例外だったが、リーグ優勝をした2015年は5月に負け越すも、6月以降はすべて勝ち越し。5位だった2016年でも6、7月に負け越しながら8月は勝ち越している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  8. 8

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  9. 9

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  10. 10

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

もっと見る