連戦地獄の阪神は苦戦必至…猛暑をも“味方”にするアノ球団

公開日: 更新日:

 長引く悪天候の影響で、9月に連戦地獄が待ち受けている阪神。9月19~24日の6連戦が終わると、1日空いて26日~10月5日の10連戦と、考えただけでだるくなるような過密日程が組まれている。

 セ・リーグは現在、2位以下が借金生活の団子状態。日替わりで順位が変わる状況だ。試合日程にかかわらず、CS行きをかけたAクラス争いは熾烈になるだろう。そこで阪神を苦しめるのがヤクルトではないか。

 連戦前の8月、阪神のスケジュールを見ると、巨人が6試合、DeNAと中日が4試合、広島は3試合。それに対してヤクルトは8試合が組まれ、今後は計16試合も対戦を残している。

 今季ここまで阪神はヤクルトとの対戦成績が6勝3敗。しかし、ヤクルトは体力が消耗されるはずの後半戦に強い。シーズン96敗と惨敗した昨季は例外だったが、リーグ優勝をした2015年は5月に負け越すも、6月以降はすべて勝ち越し。5位だった2016年でも6、7月に負け越しながら8月は勝ち越している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    岡部大がブレークか 代役MCにドラマ出演、CMも隠れた人気

  2. 2

    「エール」音の妹と裕一の弟子が急接近…「露営の歌」秘話

  3. 3

    優香に女優復帰待望論 衰えぬ美貌で深キョンもタジタジ?

  4. 4

    “青汁王子”こと三崎優太氏のYouTubeでの主張に対する弊社の見解

  5. 5

    悪徳マルチ元会長逮捕で安倍前首相が国会で“球拾い”する日

  6. 6

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

  7. 7

    宝くじ億万長者の2人…同じ数字の組み合わせを20年間継続

  8. 8

    「集団就職」の真偽を問いただすと口調が興奮気味に一変

  9. 9

    菅内閣“ご祝儀報道”の裏で着々…真の肝入りは法務と警察

  10. 10

    テレ朝がすがる沢口靖子 米倉失速で“新・ドラマの女王”に

もっと見る