• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

連戦地獄の阪神は苦戦必至…猛暑をも“味方”にするアノ球団

 長引く悪天候の影響で、9月に連戦地獄が待ち受けている阪神。9月19~24日の6連戦が終わると、1日空いて26日~10月5日の10連戦と、考えただけでだるくなるような過密日程が組まれている。

 セ・リーグは現在、2位以下が借金生活の団子状態。日替わりで順位が変わる状況だ。試合日程にかかわらず、CS行きをかけたAクラス争いは熾烈になるだろう。そこで阪神を苦しめるのがヤクルトではないか。

 連戦前の8月、阪神のスケジュールを見ると、巨人が6試合、DeNAと中日が4試合、広島は3試合。それに対してヤクルトは8試合が組まれ、今後は計16試合も対戦を残している。

 今季ここまで阪神はヤクルトとの対戦成績が6勝3敗。しかし、ヤクルトは体力が消耗されるはずの後半戦に強い。シーズン96敗と惨敗した昨季は例外だったが、リーグ優勝をした2015年は5月に負け越すも、6月以降はすべて勝ち越し。5位だった2016年でも6、7月に負け越しながら8月は勝ち越している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  4. 4

    シールで聴衆選別…「ヤメロ」コール徹底排除した安倍陣営

  5. 5

    恫喝して票集めるよりも 討論会用の替え玉を用意したら?

  6. 6

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  7. 7

    進次郎氏当日まで完黙…裏に父・小泉元首相“ゴルフ密約説”

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    ロング丈ワンピ姿に注目 前田敦子はやっぱり“おめでた”か

  10. 10

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

もっと見る