03年の今岡以来ゼロ…虎から“生え抜き”打撃三冠なぜ出ない

公開日: 更新日:

 あるOBが言う。

「80年代後半から90年代の暗黒時代は派閥争いなどでチーム内がバラバラ。選手は野球に集中できる環境ではなかった。問題は2000年以降です。03年に今岡が首位打者になってからは、金本(04年打点)、今岡(05年打点)、新井貴(11年打点)、マートン(14年打率)、ゴメス(14年打点)がタイトルを取った。このうち、生え抜きは今岡だけ。彼は天才肌でコーチに教わって上達した選手とは違う。DeNAの筒香(16年2冠)やヤクルトの山田(15年本塁打)はコーチの手助けによって大成した高卒野手です。阪神にはこんな選手はいない」

 長く主力の座にいた鳥谷でさえも三冠のタイトルは取れなかった。

「三冠のタイトルが狙える選手が出てこないのは、指導力に問題があるのか、素材が悪いのか、その両方なのか。いずれにしてもこの時期、主力野手に三冠の可能性がないのはさみしい限りです」(前出のOB)

 就任時に「育てて勝つ」と言った金本監督はこの日、期待の大きい大山を「三番・左翼」でスタメン起用し、2安打をマーク。大山は「三冠」のタイトルを狙える打者になれるか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パンデミックが起きても慌てない 今から始める備蓄リスト

  2. 2

    厚労省が政権に忖度か 感染者急増の北海道で“検査妨害”

  3. 3

    娘の誕生日ケーキ代を払ってくれた謎の女性の伝言に号泣!

  4. 4

    少なすぎる新型コロナ検査数…安倍政権“陽性隠し”の言い訳

  5. 5

    再雇用中の64歳 大病などがなかったのに退職金が漸減した

  6. 6

    白井聡氏 75年前の失敗のツケを我々の手で清算しなければ

  7. 7

    中居正広「気持ち尊重」発言の意味…退所の真相はリストラ

  8. 8

    フェイク・タンを塗ったまま授乳…赤ちゃんの写真が拡散!

  9. 9

    どケチ政権が! コロナ対策費に志位委員長「小さすぎる」

  10. 10

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る