サッカーは「自立した人間が集まって初めて成功できる」

公開日:

「ベルギー戦の後、ピッチ上で号泣している息子の姿を見て『子育ての終了』を痛感しました」と話すのは、兵庫県サッカー協会技術委員長で日本代表DF昌子源(鹿島)の父・力さん(姫路独協大サッカー部監督)だ。その心境は、スポーツをやっている子供を育てる親の寄り添い方のヒントになるのでは――。ロシアの激闘から1カ月が経過した今、そんな思いが日に日に強まっているようだ。

 ◇  ◇  ◇

「私が仮にベルギー戦をロストフのスタジアムで見ていたとしても、源の肩を抱いてやれるわけでもなければ、やり場のない気持ちを埋めてやることもできない。『結局は彼が自分自身で消化するしかないことだ』と諦めにも似た心境になったんです。それは全てのスポーツに共通している。サッカー少年、少女を支えている親は送り迎えや食事、洗濯などさまざまな面でサポートをします。しかし、どんな熱心な親であろうとも最後は手を出せない。そのことを最初から自覚して向き合うこと。それが親に求められる『覚悟』だと言いたいですね」と力さんは静かに、力強く話した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  3. 3

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  6. 6

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  7. 7

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  8. 8

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  9. 9

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  10. 10

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

もっと見る