“原効果”だけじゃない シニア観客日本記録の裏に集客努力

公開日: 更新日:

【ファンケル・クラシック】

 13アンダーで首位に並んP・マークセン(52)とG・マイヤー(56)によるプレーオフは、マークセンが3ホール目でバーディーを奪って大会初優勝。今季シニアツアー6戦5勝で3季連続の賞金王を視野に入れた。

 今年は大会特別顧問を務める前巨人監督の原辰徳氏(60)がアマチュア枠で出場。通算20オーバーで74人中73位に終わったものの、大勢のギャラリーが会場につめかけた。BS放送でテレビ解説をしていた藤田寛之(49)はこの日、「レギュラーツアーでもこんなに多くのギャラリーはいませんよ」と驚いていたが、3日間の総ギャラリー数2万5214人はシニアツアーの日本記録だ。

 この数字がどれほどのものなのか、レギュラーツアーと比較すればよくわかる。今季国内の男子ツアーはここまで9試合を消化。ギャラリー数が2万5000人を超えたのは、中日クラウンズ(2万9170人)と日本プロゴルフ選手権(2万7195人)の2大会だけ。しかも、この2大会は4日間を通しての数字だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    セコマ・丸谷社長 コンビニのビジネスモデルは終焉が近い

  2. 2

    白鵬が突然の方針転換…「年内引退」発言にダメ押したモノ

  3. 3

    ハリウッドザコシショウ 気づくとゴミ捨て場で寝ていた朝

  4. 4

    YouTuber「ヴァンゆん」ゆん お金なく毎日コーンフレーク

  5. 5

    撃墜されたウクライナ機はアメリカ軍用機の盾にされた?

  6. 6

    ロバート・ボールドウィンさん “外国人日本王”半生と近況

  7. 7

    ディストピアを現実化 安倍政権の正体を忘れてはいけない

  8. 8

    卓球代表6人発表も…東京五輪「金メダル」への理想と現実

  9. 9

    小泉進次郎氏「育休」に批判殺到 “不倫隠し”が完全に裏目

  10. 10

    全日本5回戦で高校生に完敗 平野に問われる五輪代表の資質

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る