“原効果”だけじゃない シニア観客日本記録の裏に集客努力

公開日:

【ファンケル・クラシック】

 13アンダーで首位に並んP・マークセン(52)とG・マイヤー(56)によるプレーオフは、マークセンが3ホール目でバーディーを奪って大会初優勝。今季シニアツアー6戦5勝で3季連続の賞金王を視野に入れた。

 今年は大会特別顧問を務める前巨人監督の原辰徳氏(60)がアマチュア枠で出場。通算20オーバーで74人中73位に終わったものの、大勢のギャラリーが会場につめかけた。BS放送でテレビ解説をしていた藤田寛之(49)はこの日、「レギュラーツアーでもこんなに多くのギャラリーはいませんよ」と驚いていたが、3日間の総ギャラリー数2万5214人はシニアツアーの日本記録だ。

 この数字がどれほどのものなのか、レギュラーツアーと比較すればよくわかる。今季国内の男子ツアーはここまで9試合を消化。ギャラリー数が2万5000人を超えたのは、中日クラウンズ(2万9170人)と日本プロゴルフ選手権(2万7195人)の2大会だけ。しかも、この2大会は4日間を通しての数字だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  2. 2

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  3. 3

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  4. 4

    日ハム吉田輝星の原点 「投球フォーム」に託した父の願い

  5. 5

    玉城デニー沖縄知事の訪米に官邸・外務省が“横ヤリ”疑惑

  6. 6

    都内のスーパーで特売品を 安室奈美恵「引退後2カ月」の今

  7. 7

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  8. 8

    フランスの次は日本…トランプ恫喝で防衛費20兆円へ一直線

  9. 9

    片山さつき大臣の「カレンダー」無償配布疑惑に決定的証言

  10. 10

    インスタで稼ぎ両親に家 タイ12歳“スーパー女装子”大人気

もっと見る