• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ベトナムに完封負けも…森保U-21代表は優勝候補の韓国回避

投稿日:

 東京五輪世代のU―21日本代表が19日、アジア大会1次リーグD組最終戦でベトナム相手に0―1で敗戦。D組2位となって24日の決勝トーナメント1回戦では、E組1位のマレーシアと対戦する(日本時間同日午後9時半キックオフ)。

 2戦目のパキスタン戦からスタメン8選手を代えた日本。前半3分、連係ミスから先制ゴールを奪われた。GKオビ(流経大)からボールを受けたMF神谷(愛媛)が狙われてボールロスト。MFグエン・クアン・ハイに蹴り込まれた。

 1月のU―23アジア選手権で準優勝となったベトナムは、厳しいプレッシャーと素早い攻守の切り替えで日本にチャンスをつくらせない。後半途中から日本がリズムを握ってMF遠藤(横浜M)やFW前田(松本)がシュートを放つが、結局0―1の完封負けである。

「ともあれ結果オーライです」と現地取材記者。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  2. 2

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  5. 5

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

  6. 6

    投票の“証拠写メ”強制…沖縄知事選で自公が異常な締めつけ

  7. 7

    浮沈はサーシャに…大坂なおみ“女王君臨”への落とし穴

  8. 8

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  9. 9

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  10. 10

    杉田水脈議員“擁護論”の怪 「論として成立」していない

もっと見る