大坂なおみが全米OP3年連続初戦突破 “地元”の声援後押し

公開日: 更新日:

「育ったニューヨークで、多くの声援を受けてうれしかった」――。

 女子シングルス世界ランキング19位で第20シードの大坂なおみ(20)が笑顔で話した。

 この日の1回戦は世界146位のラウラ・シグムント(30=ドイツ)を寄せ付けず、ストレート勝ち。3年連続初戦突破を果たした。

 今年3月のインディアンウェルズを制してからは、テニスがつまらなくなったそうで「プレッシャーもあって仕事のように感じていた」(大坂)という。

 今大会の前哨戦であるW&Sオープンは初戦敗退。その後は気分を一新し「4大大会でプレーできることに喜びを感じ、今はテニスを楽しめるようになった」と話している。

 大坂は2回戦で予選から勝ち上がった同162位のユリア・グルシュコ(28=イスラエル)と対戦する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  2. 2

    東出の不倫発覚で…杏を苛む“浮気のトラウマ”と“男性不信”

  3. 3

    杏と東出は別居…ドラマ共演で結婚した夫婦が離婚するワケ

  4. 4

    CM降板も…東出昌大「引退危機」不倫疑惑で視聴者総スカン

  5. 5

    「ビリーズブートキャンプ」が大ヒット ビリー隊長の今は

  6. 6

    東出昌大“裏の顔”浮き彫りに 子育ておろか家事もせず不倫

  7. 7

    東出昌大“針のムシロ”長期化 良きパパのイメージが致命傷

  8. 8

    自民党稲田朋美氏 未婚ひとり親家庭の支援拡大から変化を

  9. 9

    夫・東出昌大の不倫をバネに?三児の母・杏の気になる今後

  10. 10

    東出昌大と不倫の唐田えりか ドラマ出演シーン削除の余波

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る