10年3億ドル契約 ユニクロ“大看板”にフェデラー抜擢の効果

公開日:  更新日:

 違和感があるのは当然だろう。ウィンブルドン選手権男子シングルス1回戦で、セルビアのD・ラヨビッチ(28=同58位)にストレート勝ちしたR・フェデラー(36=世界ランク2位)のことだ。

 4大大会20勝(全豪6、全仏1、全英8、全米5)のフェデラーは、1994年から今年3月までナイキとスポンサー契約を結び、ウエアの胸にあった例のロゴマークがファンの目には焼きついている。それが今大会は、アンバサダー契約を結んだユニクロの赤いロゴが入った見慣れないウエアでプレー。フェデラーは会見で「ユニクロのウエアを着るのを楽しみにしていた」と語っていたが、今のところは「どうにもしっくりこない」というファンが少なくないようだ。

 ユニクロと契約しているテニス選手といえば、錦織圭(28=同28位)とN・ジョコビッチ(31=同21位)が有名だが、ジョコは昨年、2012年からの5年契約が切れた。そこでユニクロは新たな「顔」として、史上最高のテニスプレーヤーであるフェデラーを口説いた。米・ESPNなどの報道によれば、契約内容は10年3億ドル(約330億円)といわれている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  2. 2

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  3. 3

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  4. 4

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  5. 5

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  6. 6

    倉科カナが三くだり半…竹野内豊“結婚しない男”の罪深さ

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    陰惨な事態…高校生の「言論の自由」が脅かされている衝撃

  9. 9

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  10. 10

    日産ゴーン逮捕の裏側と今後 衝撃はこれからが本番だ<上>

もっと見る