• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

10年3億ドル契約 ユニクロ“大看板”にフェデラー抜擢の効果

 違和感があるのは当然だろう。ウィンブルドン選手権男子シングルス1回戦で、セルビアのD・ラヨビッチ(28=同58位)にストレート勝ちしたR・フェデラー(36=世界ランク2位)のことだ。

 4大大会20勝(全豪6、全仏1、全英8、全米5)のフェデラーは、1994年から今年3月までナイキとスポンサー契約を結び、ウエアの胸にあった例のロゴマークがファンの目には焼きついている。それが今大会は、アンバサダー契約を結んだユニクロの赤いロゴが入った見慣れないウエアでプレー。フェデラーは会見で「ユニクロのウエアを着るのを楽しみにしていた」と語っていたが、今のところは「どうにもしっくりこない」というファンが少なくないようだ。

 ユニクロと契約しているテニス選手といえば、錦織圭(28=同28位)とN・ジョコビッチ(31=同21位)が有名だが、ジョコは昨年、2012年からの5年契約が切れた。そこでユニクロは新たな「顔」として、史上最高のテニスプレーヤーであるフェデラーを口説いた。米・ESPNなどの報道によれば、契約内容は10年3億ドル(約330億円)といわれている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    右肘手術をさせたいエ軍と避けたい大谷翔平…暗闘の全内幕

  3. 3

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  4. 4

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  5. 5

    「9.16」引退宣言 安室奈美恵がこの1年で稼いだ驚きの金額

  6. 6

    今季ワースト4日間7097人 男子ツアーの閑古鳥は誰の責任か

  7. 7

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  8. 8

    降って湧いた放映権問題で…LPGAと大会主催者の対立が激化

  9. 9

    iPhone入手困難に? 米との貿易戦争激化で中国に“奥の手”

  10. 10

    大谷“19勝&350打席”監督予言 2年後には年俸総額150億円も

もっと見る