10年3億ドル契約 ユニクロ“大看板”にフェデラー抜擢の効果

公開日:  更新日:

 違和感があるのは当然だろう。ウィンブルドン選手権男子シングルス1回戦で、セルビアのD・ラヨビッチ(28=同58位)にストレート勝ちしたR・フェデラー(36=世界ランク2位)のことだ。

 4大大会20勝(全豪6、全仏1、全英8、全米5)のフェデラーは、1994年から今年3月までナイキとスポンサー契約を結び、ウエアの胸にあった例のロゴマークがファンの目には焼きついている。それが今大会は、アンバサダー契約を結んだユニクロの赤いロゴが入った見慣れないウエアでプレー。フェデラーは会見で「ユニクロのウエアを着るのを楽しみにしていた」と語っていたが、今のところは「どうにもしっくりこない」というファンが少なくないようだ。

 ユニクロと契約しているテニス選手といえば、錦織圭(28=同28位)とN・ジョコビッチ(31=同21位)が有名だが、ジョコは昨年、2012年からの5年契約が切れた。そこでユニクロは新たな「顔」として、史上最高のテニスプレーヤーであるフェデラーを口説いた。米・ESPNなどの報道によれば、契約内容は10年3億ドル(約330億円)といわれている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  5. 5

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  6. 6

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  7. 7

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  8. 8

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る