• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
武田薫
著者のコラム一覧
武田薫スポーツライター

1950年、宮城県仙台市出身。74年に報知新聞社に入社し、野球、陸上、テニスを担当、85年からフリー。著書に「オリンピック全大会」「サーブ&ボレーはなぜ消えたのか」「マラソンと日本人」など。

ユニクロの狙いは? フェデラーと“10年300億円契約”の意味

 サッカーW杯と同時進行のウィンブルドンも、連日の好天に恵まれ賑わっている。

 地元アンディ・マリーが手術後の大事を取って欠場したとはいえ、過去8度優勝の芝の帝王、ロジャー・フェデラーの華麗なプレーに紳士淑女は大満足だ。

 来月37歳になるフェデラーは春のクレーコートシーズンを回避、芝の季節に戻るや即刻優勝してV9への期待は膨らんでいる。

 今回は別の注目があった。大会前、永久契約といわれたナイキに代わりユニクロと契約というウワサが流れた。イニシャルRFをデザインしたロゴは世界に浸透し、直前まで否定する声が多かった。ウィンブルドンのセンターコートの開幕戦は前年覇者。初出場の内山靖崇によれば、試合前のロッカールームでもナイキのシャツを着ていたというロジャーが、ユニクロのロゴで現れた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    脇雅史氏が自民批判「政党さえ勝てばいいでは国が終わる」

  2. 2

    内閣支持率が軒並み急落 驕れる安倍政権に国民の怒り爆発

  3. 3

    ブレーク時は最高月収500万円 “即興なぞかけ”ねづっちは今

  4. 4

    捕手難にあえぐ巨人…育成継続かFA西武炭谷獲りに動くのか

  5. 5

    ボロアパートの横に諸星和己が…竹原慎二さんのド貧乏時代

  6. 6

    人権の意味をわからず 「LGBT支援は必要ない」という暴論

  7. 7

    政治資金から「利息」 自民・穴見議員のトンデモ“錬金術”

  8. 8

    中居正広“ジャニーズ残留”決定か…ウラに野望とカネと打算

  9. 9

    18番で痛恨OB 松山英樹“1打足りず予選落ち”は当然の結果か

  10. 10

    冠番組が2ケタ視聴率…出川哲朗に叶姉妹との意外な共通点

もっと見る