武田薫
著者のコラム一覧
武田薫スポーツライター

1950年、宮城県仙台市出身。74年に報知新聞社に入社し、野球、陸上、テニスを担当、85年からフリー。著書に「オリンピック全大会」「サーブ&ボレーはなぜ消えたのか」「マラソンと日本人」など。

ユニクロの狙いは? フェデラーと“10年300億円契約”の意味

公開日: 更新日:

 サッカーW杯と同時進行のウィンブルドンも、連日の好天に恵まれ賑わっている。

 地元アンディ・マリーが手術後の大事を取って欠場したとはいえ、過去8度優勝の芝の帝王、ロジャー・フェデラーの華麗なプレーに紳士淑女は大満足だ。

 来月37歳になるフェデラーは春のクレーコートシーズンを回避、芝の季節に戻るや即刻優勝してV9への期待は膨らんでいる。

 今回は別の注目があった。大会前、永久契約といわれたナイキに代わりユニクロと契約というウワサが流れた。イニシャルRFをデザインしたロゴは世界に浸透し、直前まで否定する声が多かった。ウィンブルドンのセンターコートの開幕戦は前年覇者。初出場の内山靖崇によれば、試合前のロッカールームでもナイキのシャツを着ていたというロジャーが、ユニクロのロゴで現れた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パンデミックが起きても慌てない 今から始める備蓄リスト

  2. 2

    また職員が感染 加藤厚労相は危機管理能力ゼロのポンコツ

  3. 3

    新型ウイルス対策 「東京は封鎖できるか」内閣官房に聞く

  4. 4

    「再感染」が続出 新型コロナは変異、劇症化しているのか

  5. 5

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

  6. 6

    住宅ローン完済で悠々自適の第二の人生が始まるはずが…

  7. 7

    田中みな実は燃え尽き?ジャニーズ事務所も恐れる次の一手

  8. 8

    小学生も新型コロナ感染で…結婚式や卒業式はどうなる?

  9. 9

    サラリーマンにピッタリ 入門用ベンツAクラスにセダン登場

  10. 10

    行方不明の愛犬と3年後…1500㎞離れた場所で奇跡的な再会

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る