武田薫
著者のコラム一覧
武田薫スポーツライター

1950年、宮城県仙台市出身。74年に報知新聞社に入社し、野球、陸上、テニスを担当、85年からフリー。著書に「オリンピック全大会」「サーブ&ボレーはなぜ消えたのか」「マラソンと日本人」など。

ユニクロの狙いは? フェデラーと“10年300億円契約”の意味

公開日:  更新日:

 サッカーW杯と同時進行のウィンブルドンも、連日の好天に恵まれ賑わっている。

 地元アンディ・マリーが手術後の大事を取って欠場したとはいえ、過去8度優勝の芝の帝王、ロジャー・フェデラーの華麗なプレーに紳士淑女は大満足だ。

 来月37歳になるフェデラーは春のクレーコートシーズンを回避、芝の季節に戻るや即刻優勝してV9への期待は膨らんでいる。

 今回は別の注目があった。大会前、永久契約といわれたナイキに代わりユニクロと契約というウワサが流れた。イニシャルRFをデザインしたロゴは世界に浸透し、直前まで否定する声が多かった。ウィンブルドンのセンターコートの開幕戦は前年覇者。初出場の内山靖崇によれば、試合前のロッカールームでもナイキのシャツを着ていたというロジャーが、ユニクロのロゴで現れた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  2. 2

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  3. 3

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  4. 4

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  5. 5

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  6. 6

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  7. 7

    巨人のFA丸獲得は“天敵”広島対策 最強オプションの提示も

  8. 8

    巨人原監督“正捕手起用”の意向…炭谷のFA補強に西武OB警鐘

  9. 9

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  10. 10

    日ハム吉田輝星の原点 「投球フォーム」に託した父の願い

もっと見る