武田薫
著者のコラム一覧
武田薫スポーツライター

1950年、宮城県仙台市出身。74年に報知新聞社に入社し、野球、陸上、テニスを担当、85年からフリー。著書に「オリンピック全大会」「サーブ&ボレーはなぜ消えたのか」「マラソンと日本人」など。

ユニクロの狙いは? フェデラーと“10年300億円契約”の意味

公開日:  更新日:

 サッカーW杯と同時進行のウィンブルドンも、連日の好天に恵まれ賑わっている。

 地元アンディ・マリーが手術後の大事を取って欠場したとはいえ、過去8度優勝の芝の帝王、ロジャー・フェデラーの華麗なプレーに紳士淑女は大満足だ。

 来月37歳になるフェデラーは春のクレーコートシーズンを回避、芝の季節に戻るや即刻優勝してV9への期待は膨らんでいる。

 今回は別の注目があった。大会前、永久契約といわれたナイキに代わりユニクロと契約というウワサが流れた。イニシャルRFをデザインしたロゴは世界に浸透し、直前まで否定する声が多かった。ウィンブルドンのセンターコートの開幕戦は前年覇者。初出場の内山靖崇によれば、試合前のロッカールームでもナイキのシャツを着ていたというロジャーが、ユニクロのロゴで現れた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  8. 8

    芸人から女優へ イモトアヤコは“第2の泉ピン子”を目指す?

  9. 9

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  10. 10

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

もっと見る