武田薫
著者のコラム一覧
武田薫スポーツライター

1950年、宮城県仙台市出身。74年に報知新聞社に入社し、野球、陸上、テニスを担当、85年からフリー。著書に「オリンピック全大会」「サーブ&ボレーはなぜ消えたのか」「マラソンと日本人」など。

ジョコビッチ完全復活 錦織との差は「チーム戦略」にあり

公開日: 更新日:

 今年のウィンブルドンは例年にない好天続きだった。暑いといっても東京と違い、日差しはきついが湿度は低い。この気候が芝にも影響し、選手間では「芝が長い」(球速が遅い)、「下が固い」(バウンドが高い)という声が聞かれた。多様なサーブを打ち、ストローク戦に強いフェデラー、ジョコビッチ、錦織、準優勝のケビン・アンダーソン、あるいはナダルには有利だっただろう。だが、勝負はやはり精神力だ。

 ジョコビッチの優勝には驚いた。ひじの故障で1年余り低迷し、2月に手術を決断し、復帰後は連続の1回戦負け。復帰の最大の難しさは自信回復で、ライン際への勝負球を打ち切れず、中に返せば叩き込まれる。テニスの場合、ウイナーもエラーも同じ1ポイントだから、実戦復帰は恐怖との闘いになる。

 今回のジョコビッチはなりふり構わぬ戦いぶりだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  3. 3

    うがい薬で株価操縦か 吉村府知事にインサイダー疑惑浮上

  4. 4

    <2>本質はニュースキャスター 大局を見ることができない

  5. 5

    綾瀬はるか熱愛報道から1カ月 周辺でハプニング続々のナゼ

  6. 6

    岸田里佳さん 特撮ヒロインは3カ国語話す日舞の師範名取に

  7. 7

    カトパン結婚秒読みもNAOTOと破局 “賞味期限”アラート迫る

  8. 8

    吉村府知事が招いたうがい薬パニック 品薄で医療団体激怒

  9. 9

    時給は350円…下北沢LOFT店員時代のサザンは不人気だった

  10. 10

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

もっと見る