• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

2回7失点の大炎上…中日・松坂を苦しめる“3年のブランク”

投稿日:

 キレのない変化球をつるべ打ちにされた。

 中日の松坂大輔(37)が2日の巨人戦で、2回9安打7失点の大炎上。初回、岡本の3ランで先制されると、二回は重信のプロ1号ソロを皮切りに5者連続安打を浴びた。

 降板後は「序盤からゲームを壊してしまい、申し訳ありません」と、言葉少な。直球はほとんど投げず、130キロ台の変化球を多投したものの、まるで打撃投手さながらに打ち込まれた。これで中日は自力でのCS進出が消滅した。

 松坂は今季から中日に移籍。ケガや年齢による衰えもあって、「怪物」と呼ばれた頃の力でねじ伏せる投球はできない。球宴直前には背中を捻挫して離脱している。それでも変化球を巧みに駆使し、ここまで10試合で5勝(4敗)。2日の試合前までは、防御率2.79だった。

 巨人、中日などで投手コーチを歴任した評論家の高橋善正氏は「疲労ではないか」とこう話す。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  2. 2

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  5. 5

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

  6. 6

    投票の“証拠写メ”強制…沖縄知事選で自公が異常な締めつけ

  7. 7

    浮沈はサーシャに…大坂なおみ“女王君臨”への落とし穴

  8. 8

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  9. 9

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  10. 10

    杉田水脈議員“擁護論”の怪 「論として成立」していない

もっと見る