金本降ろしも…今季最多の借金8で虎生え抜きOBは爆発寸前

公開日:

 阪神は昔からややこしいところだ。かつては球団内部の複数の派閥が、OBや親会社のエラいさんも巻き込んで激しい勢力争いを繰り広げた。ときの体制を快く思わない派閥の人たちは、現体制の足を引っ張ろう、何かあればマスコミを利用して気勢を上げようと、それこそウの目タカの目だった。

 今はそこまでギスギスしないまでも、現体制を快く思っていない連中は少なからずいる。そんな人たちが、いよいよ勢いづきそうなのが今の阪神ではないか。甲子園に戻ってヤクルト戦に連敗。29日で本拠地の成績は16勝27敗1分け。借金は今季ワーストに並ぶ「8」に膨らんで、2位ヤクルトとのゲーム差は4.5に広がった。

「誰だって勝ちたい、打ちたいと思っている」

 試合後の金本監督はこう言ったが、思うだけなら誰にでもできる、思ったら何とかするのが監督の仕事だろうととらえている人たちがいる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  7. 7

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    中田翔は3年10億円 破格契約の裏に日ハムの“イメージ戦略”

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る