森保ジャパン初陣 コスタリカ戦の注目は最年長32歳MF青山

公開日: 更新日:

 11日にキリンチャレンジ杯のコスタリカ戦を控えた森保ジャパンは9日、大阪・吹田のスタジアムで午後5時30分から練習をこなした。森保監督にとってA代表初陣予定だったチリ戦(7日)が北海道胆振東部地震で中止となっただけに「大阪で熱い戦いをして勝つ」と話してヤル気満々である。

「コスタリカ戦の見どころは、最年長32歳、広島のMF青山のプレーです」と元サッカーダイジェスト編集長の六川亨氏がこう言う。

「岡山・作陽高から広島ひと筋の青山は、森保監督が広島を率いて12~13年、15年にJリーグを制した時も中心選手としてプレー。森保監督は<3(DF)―4(MF)―2(シャドー)―1(トップ)>をベースにしながら、局面に応じて<4―1―5>や<3―2―5>といった異なるフォーメーションを用いる“可変システム”が持ち味の指揮官だが、それをピッチ上で具現化できる存在が、ボランチでプレーする青山です。彼のボールのない時の動き、ボールの配球、正確なロングフィード、攻守の切り替えの際の動き……を見ていると森保監督が今後、どんなチームづくりを考えているのか、どういう選手を欲しているのか、おのずと見えてくるでしょう」

 主将を務める背番号17のMF青山から目を離してはいけない――。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  2. 2

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  3. 3

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  4. 4

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  5. 5

    オスマン・サンコンさん 第3夫人通い婚にボランティア活動

  6. 6

    安藤裕氏 コロナ禍こそ平成の経済対策に終止符を打つべき

  7. 7

    大原則 政治家も宗教家も「政教分離」意味を知らないのか

  8. 8

    石田純一は沖縄で女性と会食…東尾理子激怒で三くだり半か

  9. 9

    安倍政権批判封じ“SNS規制”完全裏目 ネット世論が返り討ち

  10. 10

    東京湾では48時間に地震7回も…アプリで助かる率を上げる

もっと見る