森保ジャパン初陣 コスタリカ戦の注目は最年長32歳MF青山

公開日:

 11日にキリンチャレンジ杯のコスタリカ戦を控えた森保ジャパンは9日、大阪・吹田のスタジアムで午後5時30分から練習をこなした。森保監督にとってA代表初陣予定だったチリ戦(7日)が北海道胆振東部地震で中止となっただけに「大阪で熱い戦いをして勝つ」と話してヤル気満々である。

「コスタリカ戦の見どころは、最年長32歳、広島のMF青山のプレーです」と元サッカーダイジェスト編集長の六川亨氏がこう言う。

「岡山・作陽高から広島ひと筋の青山は、森保監督が広島を率いて12~13年、15年にJリーグを制した時も中心選手としてプレー。森保監督は<3(DF)―4(MF)―2(シャドー)―1(トップ)>をベースにしながら、局面に応じて<4―1―5>や<3―2―5>といった異なるフォーメーションを用いる“可変システム”が持ち味の指揮官だが、それをピッチ上で具現化できる存在が、ボランチでプレーする青山です。彼のボールのない時の動き、ボールの配球、正確なロングフィード、攻守の切り替えの際の動き……を見ていると森保監督が今後、どんなチームづくりを考えているのか、どういう選手を欲しているのか、おのずと見えてくるでしょう」

 主将を務める背番号17のMF青山から目を離してはいけない――。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  10. 10

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

もっと見る