• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

森保ジャパン初陣 コスタリカ戦の注目は最年長32歳MF青山

 11日にキリンチャレンジ杯のコスタリカ戦を控えた森保ジャパンは9日、大阪・吹田のスタジアムで午後5時30分から練習をこなした。森保監督にとってA代表初陣予定だったチリ戦(7日)が北海道胆振東部地震で中止となっただけに「大阪で熱い戦いをして勝つ」と話してヤル気満々である。

「コスタリカ戦の見どころは、最年長32歳、広島のMF青山のプレーです」と元サッカーダイジェスト編集長の六川亨氏がこう言う。

「岡山・作陽高から広島ひと筋の青山は、森保監督が広島を率いて12~13年、15年にJリーグを制した時も中心選手としてプレー。森保監督は<3(DF)―4(MF)―2(シャドー)―1(トップ)>をベースにしながら、局面に応じて<4―1―5>や<3―2―5>といった異なるフォーメーションを用いる“可変システム”が持ち味の指揮官だが、それをピッチ上で具現化できる存在が、ボランチでプレーする青山です。彼のボールのない時の動き、ボールの配球、正確なロングフィード、攻守の切り替えの際の動き……を見ていると森保監督が今後、どんなチームづくりを考えているのか、どういう選手を欲しているのか、おのずと見えてくるでしょう」

 主将を務める背番号17のMF青山から目を離してはいけない――。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “被害者”が激白 塚原夫妻の無責任指導とでっち上げの実態

  2. 2

    体操協会なぜ切れず? 塚原夫妻“職務一時停止”本当の目的

  3. 3

    東京、神奈川、四国…“地方票”石破氏の猛追に安倍陣営焦り

  4. 4

    交通遺児に残された亡父の車を競売に…劇的展開に感動の嵐

  5. 5

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  6. 6

    海外では国民が猛反発…「年金改悪」日本だけがやすやすと

  7. 7

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  8. 8

    最下位転落はすぐそこ…DeNAラミ監督の続投に2つの条件

  9. 9

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  10. 10

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

もっと見る