森保ジャパン初陣 コスタリカ戦の注目は最年長32歳MF青山

公開日:

 11日にキリンチャレンジ杯のコスタリカ戦を控えた森保ジャパンは9日、大阪・吹田のスタジアムで午後5時30分から練習をこなした。森保監督にとってA代表初陣予定だったチリ戦(7日)が北海道胆振東部地震で中止となっただけに「大阪で熱い戦いをして勝つ」と話してヤル気満々である。

「コスタリカ戦の見どころは、最年長32歳、広島のMF青山のプレーです」と元サッカーダイジェスト編集長の六川亨氏がこう言う。

「岡山・作陽高から広島ひと筋の青山は、森保監督が広島を率いて12~13年、15年にJリーグを制した時も中心選手としてプレー。森保監督は<3(DF)―4(MF)―2(シャドー)―1(トップ)>をベースにしながら、局面に応じて<4―1―5>や<3―2―5>といった異なるフォーメーションを用いる“可変システム”が持ち味の指揮官だが、それをピッチ上で具現化できる存在が、ボランチでプレーする青山です。彼のボールのない時の動き、ボールの配球、正確なロングフィード、攻守の切り替えの際の動き……を見ていると森保監督が今後、どんなチームづくりを考えているのか、どういう選手を欲しているのか、おのずと見えてくるでしょう」

 主将を務める背番号17のMF青山から目を離してはいけない――。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  4. 4

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

もっと見る