二軍V4へM3も一軍は振るわず…巨人の“構造問題”をOBが指摘

公開日:

 巨人が強い。といっても二軍の話だ。

 10日現在、68勝38敗2分け。2位のヤクルトに11ゲームもの大差をつけ、イースタン・リーグ4連覇への優勝マジックを「3」としている。

 チームを引っ張るのは、プロ5年目の和田恋外野手(22)だ。打率.308(2位)、18本塁打(1位)、85打点(1位)でリーグ史上3人目の三冠王も夢ではない。打率.310でトップを走るのは、こちらも巨人の松原聖弥外野手(23)だ。投手陣も奮闘。大竹寛(35)と高田萌生(20)がリーグトップタイの9勝で並ぶ。

■活躍選手は一軍でチャンスなし

 巨人OBで評論家の高橋善正氏がこう言う。

「二軍にそんなに有望株がいるのに、なぜ一軍は勝てないのか。普通は一、二軍の成績は連動しているもの。FA入団の大竹が二軍で最多勝といわれても笑ってしまいますが、残りの3選手は生え抜きの若手。しかし、一軍ではチャンスが与えられていません」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  3. 3

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  4. 4

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  5. 5

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  6. 6

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    FA浅村の楽天入り決定 ソフトBは“赤っ恥”で来季へ遺恨残す

  10. 10

    逮捕飛び火の小池知事 “ゴーンイズム”心酔アピールの過去

もっと見る