主催者と分配する放映権料はLPGAの懐が一番潤うシステム

公開日: 更新日:

 1試合当たりの制作費3000万円。さらに放映管理手数料、選手育成基金、アーカイブス管理費の約16億円が協会の取り分になる。残った約4億円を主催者に分配しようという概算だ。3日間大会なら約500万円、4日間大会なら約700万円が主催者の取り分になる。もっとも、主催者には「施設管理権」があり、コースを借りたり、スタンドや簡易トイレを設置したり、ギャラリーバス運行、警備員配置、ツアー運営会社に委託など1試合1億5000万~2億円の経費がかかる。儲かるのはLPGAだけで、主催者には何の儲けにもならないことが明白だ。

「資料には20億円だけではなく、100億円で売れた時の試算もあった。しかし主催者の取り分は上限を設けており、放映権料はLPGAの懐が潤う仕組みになっている。ところがインターネット中継は噂されるD社、A社、R社でもないから、小林会長は一体どこと交渉しようとしているのだろうとみんないぶかっている」(関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    CMや配信で復活の兆しも…「のん」が干された決定的な理由

  2. 2

    朝ドラヒロイン待望論も納得 清原果耶の“なり切り演技力”

  3. 3

    ミスコン女王にも冷ややかな目…土屋炎伽を待つ不穏な未来

  4. 4

    一気にレギュラー3本消滅 有吉弘行は賞味期限切れなのか?

  5. 5

    夕方ニュース枠はホラン千秋に軍配 カトパンは何が不足か

  6. 6

    10億円損失がSNSで話題 FXトレーダー・アキラ氏を直撃<3>

  7. 7

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  8. 8

    元手100万円が6年で“億り人” お笑い芸人はなぜ投資家に?

  9. 9

    「いだてん」で懲りず? 吉沢亮主演のNHK大河もなぜ近代史

  10. 10

    “ライバル”を蹴散らして進次郎を射止めた滝クリの恋愛テク

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る