山田隆道
著者のコラム一覧
山田隆道作家

1976年、大阪生まれ。早大卒。「虎がにじんだ夕暮れ」などの小説を執筆する他、プロ野球ファンが高じて「粘着!プロ野球むしかえしニュース」などの野球関連本も多数上梓。各種スポーツ番組のコメンテーターとしても活躍中。

引退試合は行わず 広島・新井の決断が他選手に及ぼす影響

公開日:

 広島の大ベテラン・新井貴浩が今季限りでの現役引退を発表した。プロ20年目、41歳。大卒ドラフト6位からの叩き上げで大成し、気付けば通算2000安打や300本塁打、1000打点などの大記録を打ち立てていた、まさに非エリートの雑草型スラッガー。引退は寂しい話だが、決断のタイミングとしては早くもなく遅くもない。絶妙な引き際だろう。

 ご存じ、現在の広島はセ・リーグの3連覇がほぼ確実視されている。よって、今後は広島の優勝カウントダウンと同時に新井の引退カウントダウンも注目を集めることだろう。球団の発表によると現時点で新井の引退試合は開催しない方向らしく、個人的にはそれもまた英断だと思う。わざわざ引退試合と銘打って、意図的に感動ポルノを演出する商業くささに頼らずとも、この引退発表によって大多数のファンは勝手に新井の有終を盛り上げてくれるはずだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  8. 8

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  9. 9

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  10. 10

    芸人から女優へ イモトアヤコは“第2の泉ピン子”を目指す?

もっと見る