「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

公開日: 更新日:

「テレビで発言してから、いろいろ言われちゃったよ」

 こう言って苦笑いを浮かべるのは、前DeNA監督の中畑清氏(64)。

 コトの発端はテレビ東京系のスポーツ番組「SPORTSウォッチャー」での発言にある。夏の甲子園を沸かせた金足農(秋田)の吉田輝星について、「私の中でもう決定してます。100%プロ入りしてください。吉田くん。待ってますよ。僕はまだ監督じゃないけども」と発言。ファンや関係者の間で、「まだ、ということは、すでにどこかの球団からオファーが来ているのか?」と騒ぎになったのだ。

 今オフは、数年に1度の大ストーブリーグが起こる可能性が高い。

「DeNAはラミレス監督が1年契約。ファンには再登板の待望論もある。中日森監督、オリックス福良監督、楽天の平石監督代行、下位に低迷する阪神も、今年からの3年契約を結んでいる金本監督の進退問題に発展する可能性がある。週刊誌には古巣である巨人の次期監督に決定、とデカデカと報じられた。中畑さんは12年から新規参入したばかりのDeNA監督に就任。4年間の成績はすべてBクラスだったが、横浜時代に万年Bクラスだったチーム改革にまい進、明るい性格かつ誠実なファンサービスが奏功し、閑古鳥が鳴いていたハマスタがギッシリとファンで埋まるようになった。DeNAの草創期をつくった功労者です」(マスコミ関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    片山杜秀氏 日本は“束ねられる”ファシズム化が進んでいる

  2. 2

    福山雅治は自宅に帰らず…吹石一恵と「6月離婚説」の真偽

  3. 3

    人気定着だから見えてきた カーシェアの「残念な点」3つ

  4. 4

    巨人菅野の深刻一発病なぜ? 本人や相手打者ら8人に総直撃

  5. 5

    シーズン中に異例の発表 G上原を引退に追い込んだ球威不足

  6. 6

    レオパレス21も標的 旧村上ファンド系が次に狙う会社は?

  7. 7

    “ヨン様そっくり”ぺよん潤 芸人仕事と兼ねる意外な副業

  8. 8

    嫌われアナ1位に浮上 テレ朝・弘中綾香アナ“鋼のメンタル”

  9. 9

    トランプが千秋楽観戦で…正面マス席1000席確保の大困惑

  10. 10

    首位要因は丸だけ?当事者に聞いた原巨人と由伸時代の違い

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る