ガラタサライ長友は衰えず 欧州CLポルト戦で攻守に存在感

公開日:

 トルコの強豪ガラタサライ所属のDF長友佑都(32)が、欧州チャンピオンズリーグ(CL)のポルト(ポルトガル)とのアウェー戦に先発フル出場した(日本時間4日午前4時キックオフ)。

 ガラタサライで2シーズン目の長友は今季もレギュラーを獲得し、この日の大一番でも当然のようにスタメンに名を連ねた。定位置の左SBに入って攻守にアグレッシブにプレー。攻撃参加した前半38分には、守備網をかいくぐってGKカシージャスと1対1のチャンス。シュートはスペイン代表歴167試合を誇る名手に阻まれてしまったが、守勢に回ってばかりのガラタサライの選手の中で存在感は際立っていた。

「ロシアW杯後にMF長谷部、本田、DF酒井高が代表からの引退を表明したが、長友は2022年カタールW杯を目指すと公言している。ガラタサライでプレーしていればCL、欧州リーグ(EL)に毎シーズン出場できる可能性が高く、欧州トップレベルでの戦いを通して、自分自身のレベルも維持できる――と長友は考えている。本人は『フィジカル的な衰えもないし、4年後も今のパフォーマンスを保てる』とかなり自信を持っており、実際にスタミナ、キレ、瞬発力などチームでもトップクラスです」(サッカー関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    スワロフスキー7500個「100万円ベビーカー」の乗り心地は

  10. 10

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

もっと見る