阪神17年ぶり最下位 金本続投と小幅改造に選手ドッチラケ

公開日:

 ここまでボロボロになるものなのか。

 阪神が8日のヤクルト戦に敗れ、2001年以来となる最下位が決定した。2位通過でCS進出が決まっている相手とは勢いもモチベーションも違うとはいえ、この神宮2連戦は完敗。監督の去就問題に揺れる巨人と中日よりも順位は下だ。糸井や北條が故障リタイアしているとはいっても、情けないにもほどがある。が、しかし、阪神は来季も金本監督を続投させる方針だという。昨オフ、新たに今年からの3年契約を結んでおり、来季続投が既定路線になっているからだ。

 さらに来季は、片岡ヘッドを二軍監督に、二軍で日本一になった矢野二軍監督を一軍ヘッドに配置転換するプランが浮上。金本監督の要望で、西武、中日で活躍した和田一浩氏を一軍打撃コーチに招聘するというのだが、こんな小幅な“内閣改造”で果たしてテコ入れと言えるのか。

「低迷の責任を取るべき金本監督は留任、ナンバー2である片岡ヘッドも配置転換させるだけ。上が責任を取らないことで、選手はシラけている。オフのFA補強も当初は浅村(西武)の名前が挙がったものの撤退が濃厚。西(オリックス)だって取れるかどうかわからない。チームの中心選手である糸井や福留らベテランは衰えていく。上昇ムードは乏しい。来季も苦戦必至です」とは、球界関係者。

 こんな状況で来季も金本体制に託して大丈夫なのか……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  4. 4

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  5. 5

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  6. 6

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  7. 7

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  8. 8

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  9. 9

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  10. 10

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

もっと見る