阪神17年ぶり最下位 金本続投と小幅改造に選手ドッチラケ

公開日: 更新日:

 ここまでボロボロになるものなのか。

 阪神が8日のヤクルト戦に敗れ、2001年以来となる最下位が決定した。2位通過でCS進出が決まっている相手とは勢いもモチベーションも違うとはいえ、この神宮2連戦は完敗。監督の去就問題に揺れる巨人と中日よりも順位は下だ。糸井や北條が故障リタイアしているとはいっても、情けないにもほどがある。が、しかし、阪神は来季も金本監督を続投させる方針だという。昨オフ、新たに今年からの3年契約を結んでおり、来季続投が既定路線になっているからだ。

 さらに来季は、片岡ヘッドを二軍監督に、二軍で日本一になった矢野二軍監督を一軍ヘッドに配置転換するプランが浮上。金本監督の要望で、西武、中日で活躍した和田一浩氏を一軍打撃コーチに招聘するというのだが、こんな小幅な“内閣改造”で果たしてテコ入れと言えるのか。

「低迷の責任を取るべき金本監督は留任、ナンバー2である片岡ヘッドも配置転換させるだけ。上が責任を取らないことで、選手はシラけている。オフのFA補強も当初は浅村(西武)の名前が挙がったものの撤退が濃厚。西(オリックス)だって取れるかどうかわからない。チームの中心選手である糸井や福留らベテランは衰えていく。上昇ムードは乏しい。来季も苦戦必至です」とは、球界関係者。

 こんな状況で来季も金本体制に託して大丈夫なのか……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “安倍1強”に早くも暗雲 参院選の「前哨戦」で自民敗北危機

  2. 2

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  3. 3

    エリカ様は張り込み班に「なに撮ってんだよばかやろう!」

  4. 4

    伝説の麻薬Gメンが指摘 ピエール瀧コカイン常習の“証拠”

  5. 5

    不倫訴訟報道の後藤真希…ブログの私生活も虚像だったのか

  6. 6

    現実から目を背けるために過去を「いじくり廻してゐる」

  7. 7

    京都に“愛の新居”報道…それでも鈴木京香が結婚しない理由

  8. 8

    世界1位奪取にルノー日産が画策?自動車業界大再編の予兆

  9. 9

    記者に華奢な手を差し出し…葉月里緒奈に感じた“魔性の女”

  10. 10

    ロシア紙さえも“詭弁”と評したプーチン大統領の特異解釈

もっと見る