CS消滅も金本監督は続投方針…虎ファン離れますます加速か

公開日:

 4日、最下位の阪神はヤクルトに敗れ、CS進出が完全に消滅、Bクラスが確定した。

 甲子園に閑古鳥が鳴き始めた。9月24日の巨人戦には4万6646人が詰めかけていたというのに、同27日のDeNA戦は3万709人、10月1日の同戦は2万8961人で、この日は3万998人。今季の1試合平均4万1210人をはるかに下回っている。甲子園の成績は19勝37敗2分け、勝率.339。本拠地で大きく負け越していることも重なり、ファンの金本政権への不満が数字に表れてきたようなのだ。

 先日、ノーベル賞を受賞した京大特別教授の本庶佑氏が全国放送のテレビ番組で「指揮官交代」を要望して話題になったが、9月末には金本監督が遠征先の宿舎付近で、ファンと揉み合う動画がネット上に拡散。球場では「金本辞めろ!」の怒号が鳴り響いているのが現状だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  3. 3

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  4. 4

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  5. 5

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  6. 6

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

  10. 10

    ついに撤回運動…山手線新駅「高輪ゲートウェイ」変更は?

もっと見る