• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

2位ヤクルトに引き離され…巨人CS圏死守へ弱点克服の2カ条

 巨人が試合前にバント特訓を行った。

 13日、フリー打撃の前に若手野手が打撃ケージ周辺に集合。打撃投手とマシンの計3カ所に分かれてバント練習を行ったのだ。村田ヘッド兼バッテリーコーチらが身ぶり手ぶりで構えなどを熱血指導。キャンプならよくある光景だが、シーズン中の試合前に行うのは、極めて異例である。

 前日12日のヤクルト戦、延長に吉川大、小林が犠打を相次いで失敗。痛い引き分けに終わり、村田ヘッドは「ヘタクソ」と吐き捨てていた。その翌日に“懲罰”特訓となった形だ。

 今季の巨人は接戦にめっぽう弱い。延長戦は8試合で0勝4敗4分け。1点差は9勝23敗。村田ヘッドの言葉を借りると「ヘタクソ」なバントも接戦を落とす要因だ。今さらながら、特訓あるのみ、というわけだ。

■「3位死守」の戦いにシフトへ

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    右肘手術をさせたいエ軍と避けたい大谷翔平…暗闘の全内幕

  3. 3

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  4. 4

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  5. 5

    大谷“19勝&350打席”監督予言 2年後には年俸総額150億円も

  6. 6

    iPhone入手困難に? 米との貿易戦争激化で中国に“奥の手”

  7. 7

    「9.16」引退宣言 安室奈美恵がこの1年で稼いだ驚きの金額

  8. 8

    今季ワースト4日間7097人 男子ツアーの閑古鳥は誰の責任か

  9. 9

    今季でクビの選手が続出? 阪神“不良債権”11億円の中身

  10. 10

    降って湧いた放映権問題で…LPGAと大会主催者の対立が激化

もっと見る