2位ヤクルトに引き離され…巨人CS圏死守へ弱点克服の2カ条

公開日: 更新日:

 巨人が試合前にバント特訓を行った。

 13日、フリー打撃の前に若手野手が打撃ケージ周辺に集合。打撃投手とマシンの計3カ所に分かれてバント練習を行ったのだ。村田ヘッド兼バッテリーコーチらが身ぶり手ぶりで構えなどを熱血指導。キャンプならよくある光景だが、シーズン中の試合前に行うのは、極めて異例である。

 前日12日のヤクルト戦、延長に吉川大、小林が犠打を相次いで失敗。痛い引き分けに終わり、村田ヘッドは「ヘタクソ」と吐き捨てていた。その翌日に“懲罰”特訓となった形だ。

 今季の巨人は接戦にめっぽう弱い。延長戦は8試合で0勝4敗4分け。1点差は9勝23敗。村田ヘッドの言葉を借りると「ヘタクソ」なバントも接戦を落とす要因だ。今さらながら、特訓あるのみ、というわけだ。

■「3位死守」の戦いにシフトへ

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  2. 2

    安倍首相「逃げ恥作戦」大誤算…G7サミット延期で計画倒れ

  3. 3

    杏とは“リモート離婚”…東出昌大のイバラ道はまだまだ続く

  4. 4

    緊急事態延長で深まる親子の溝 東出昌大と重なる父の苦悩

  5. 5

    東京都「ステップ2」に移行 “第2波”危険スポットはどこだ

  6. 6

    松本穂香の出演は2年で10本!唐田えりかの“敵失”で急浮上

  7. 7

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  8. 8

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  9. 9

    日立は在宅勤務に舵 アフターコロナのサラリーマン生活

  10. 10

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

もっと見る