5試合で44失点 西武がCSで露呈した“イケイケ野球”の限界

公開日: 更新日:

 10年ぶりの日本シリーズ進出の夢が断たれた。

 21日、ソフトバンクに5―6で敗れた西武。シーズンでは6.5ゲームの大差をつけた2位球団に1勝しかできず、CS敗退が決まった。

 試合後、左手で顔を覆い、号泣しながらセレモニーに臨んだ辻監督はソフトバンクとの差を振り返り、「(向こうは)中の投手が強いし、本当にタフ。そこはウチも改善していかないといけない」と敗因を分析。来季に向けてリリーフを含む投手陣の再建を口にした。

 辻監督の言葉を借りるまでもなく、今季の西武は極端な「打高投低」。12球団トップの総得点792点を挙げ、1試合平均5点以上を叩き出した攻撃陣とは対照的に、チーム防御率4.24はリーグ最下位。CS5試合でも44失点だった。

■短期決戦での“弊害”が一挙に

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  2. 2

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  3. 3

    老後資金は夫婦で1600万円…必要額2800万円に届かず不安

  4. 4

    西村まさ彦“円満離婚”は大ウソ…乳がん患う妻に強要の冷酷

  5. 5

    急なトイレのピンチ…少女を救った大学生2人に拍手喝采!

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  8. 7

    異臭の次は房総半島の揺れ…首都直下地震“接近”の状況証拠

  9. 8

    カギは山本太郎票 IOCが気がかりな東京都知事選の「数字」

  10. 9

    小池都知事“馬耳東風”…ネット討論会が映さなかった本性

  11. 10

    相次ぐ教師の陽性…小池知事は市中感染拡大も見て見ぬふり

もっと見る