巨人・原監督は丸との両取りを狙うが…FA炭谷争奪は大苦戦

公開日:

 今季、炭谷は高卒5年目捕手の森が一本立ちしたことで、出場機会が激減。先発マスクは42試合にとどまった。

 楽天は、出場機会を求めてFA宣言するといわれる炭谷に最大限の誠意を見せようというわけである。

 そこへいくと、巨人では恐らく先発マスクまでは約束されない。原監督は現在の正捕手、小林誠司(29)をそれほど高く評価していない、という声はある。先日も、「秋のキャンプの主将? あっていいね。参加最年長は小林? 去年は小林だったの? え~、小林~?」と言っていた。配球面や今季打率.219の打撃面に大きな不満を持っているようなのだが、小林は絶対的エースの菅野が全幅の信頼を置く人間である。ここ3年間、扇の要を守ってきたチーム内での実績をチャラにするというわけにもいかず、炭谷を獲得したとしても小林との併用が現実的な線だろう。

 すでに西武は残留交渉を始めている。条件提示も済ませた渡辺久信SDは「必要な選手。最大の評価をさせてもらった」と話したが、巨人の口説き文句も最後はカネか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  2. 2

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  3. 3

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  4. 4

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  5. 5

    ソト天井打に実況絶叫も…東京ドームの限界を評論家が指摘

  6. 6

    ムロツヨシは実はモテ男 「イケメンに見えてくる」の声も

  7. 7

    大谷「ア新人王」の陰にイチローの助言と自己チュー貫徹

  8. 8

    南沢奈央と破局…“こじらせ男”オードリー若林に次の春は?

  9. 9

    霞が関の友人が言った「トランプは田中真紀子」の意味深長

  10. 10

    日ハム吉田輝星の原点 「投球フォーム」に託した父の願い

もっと見る