巨人・原監督は丸との両取りを狙うが…FA炭谷争奪は大苦戦

公開日:

 今季、炭谷は高卒5年目捕手の森が一本立ちしたことで、出場機会が激減。先発マスクは42試合にとどまった。

 楽天は、出場機会を求めてFA宣言するといわれる炭谷に最大限の誠意を見せようというわけである。

 そこへいくと、巨人では恐らく先発マスクまでは約束されない。原監督は現在の正捕手、小林誠司(29)をそれほど高く評価していない、という声はある。先日も、「秋のキャンプの主将? あっていいね。参加最年長は小林? 去年は小林だったの? え~、小林~?」と言っていた。配球面や今季打率.219の打撃面に大きな不満を持っているようなのだが、小林は絶対的エースの菅野が全幅の信頼を置く人間である。ここ3年間、扇の要を守ってきたチーム内での実績をチャラにするというわけにもいかず、炭谷を獲得したとしても小林との併用が現実的な線だろう。

 すでに西武は残留交渉を始めている。条件提示も済ませた渡辺久信SDは「必要な選手。最大の評価をさせてもらった」と話したが、巨人の口説き文句も最後はカネか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  2. 2

    「給料は我慢したのに」と戦力外通告の選手に言われて…

  3. 3

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    日テレ料理番組終了で…速水もこみち“レギュラーゼロ”危機

  6. 6

    毎勤不正「組織的関与なし」幕引き図る監察委のデタラメ

  7. 7

    「笑点」歴代司会者で一番やりづらかったのは前田武彦さん

  8. 8

    愛娘の元彼・羽賀を“希代のワル”と見抜いた梅宮辰夫の慧眼

  9. 9

    冷静と興奮…狂気さえ感じさせる菅田将暉の名演技に脱帽

  10. 10

    憲法改正国民投票CMに待った「通販生活」意見広告の趣旨は

もっと見る