巨人のお寒い三軍事情 金満でも“ソフト甲斐”が育たぬ理由

公開日: 更新日:

「これからの巨人に、こういう選手が育ってくるのだろうか。懐疑的にならざるを得ませんね」

 巨人OBの評論家、高橋善正氏がこう言った。 前日3日に決着した日本シリーズでソフトバンク甲斐拓也(26)がMVPを獲得。6試合で打率.143、打点ゼロながら、シリーズ記録を更新する6連続盗塁阻止の強肩「甲斐キャノン」が評価された。

 甲斐は2010年の育成ドラフト6位で入団した叩き上げ。8年目にして「日本一の捕手」に成長したわけだが、冒頭の高橋氏は、

「メディアの報道を見る限り、巨人は再び補強によるチームづくりに大きくかじを切るようだ。球団から編成を含む全権を託された原監督の意向であり方針だろう。4年連続V逸中という危機的状況にあるのはわかるが、カネに飽かせた大補強によって、また若い芽が摘まれるのではないか。生え抜きの若手を我慢強く育ててこそ、長期的なチーム力の安定が実現することは、ソフトバンクや広島が証明しているはずなんですが……」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    引退も覚悟? 小倉優香ラジオ降板テロの裏に年収1億円彼氏

  2. 2

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  3. 3

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  4. 4

    昭恵夫人 居酒屋は小池号令厳守も“闇紳士”逮捕で疑惑再燃

  5. 5

    上沼恵美子「降板の全真相」現場は“辞めたる”を待っていた

  6. 6

    これはやりすぎ…夫の浮気現場でCA妻が取った驚きの行動

  7. 7

    夫の定年後に妻の外出が増加 交際費と被服費が家計を圧迫

  8. 8

    吉村知事の危うい“人体実験” うがい薬騒動に専門家も警鐘

  9. 9

    海老蔵「ひどくないですか」コロナ補償直訴で松竹と確執か

  10. 10

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

もっと見る