松崎菊也
著者のコラム一覧
松崎菊也戯作者

53年3月9日、大分県別府市生まれ。日大芸術学部放送学科卒業後は宇野重吉らが率いる「劇団民藝」に所属。その後はコントグループ「キモサベ社中」「キャラバン」を経て、88年にコントグループ「ニュースペーパー」を結成。リーダー兼脚本家として活躍した。98、99年にはTBSラジオ「松崎菊也のいかがなものか!」でパーソナリティーを務めた。現在も風刺エッセイや一人芝居を中心に活躍中。

白鵬がやったら批判必至 輪島だから築けた黄金伝説に合掌

公開日: 更新日:

 横綱輪島が猛威を振るったのは、黄金の左からの下手投げばかりじゃないのだそうで、相撲以外の笑える黄金伝説があまたスポーツ紙上を賑やかす。

 野球の長嶋、相撲の輪島、ホントにそんなことがあったかどうか知らん。話に尾ひれが付いて泳ぎ出したものもあろうが破天荒なのは違いない。

 ハワイ巡業かなんかで飛行機に乗って、コーヒーの代わりに牛乳が飲みたくなって、ミルクという英語が浮かばず、

「モ~!」

 あ、そうかと客室乗務員がもっとコーヒーを注げば、「コーヒーじゃなくてモ~!」。

 大男が、牛の乳だから「モ~~」つって指で角を立ててみるあたりがかわいらしい。多分ホントだろう。

 バーに飲みに行って、

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    出演番組が不発…東山紀之が背負う“ジャニーズ幹部”の重圧

  2. 2

    激化する自民党「内部抗争」田畑“ゲス”議員の離党で火に油

  3. 3

    元カノ小川アナは結婚…櫻井翔“クソ甘えん坊”の険しい前途

  4. 4

    NHK“ポスト有働”和久田アナ 民放とは一線画す華ある本格派

  5. 5

    ジャニーズ事務所<2>アイドルも経営陣も世代交代の転換期

  6. 6

    都Fが公明を突然裏切り…都議会与党ついに「分裂」の裏側

  7. 7

    栗山監督が上機嫌で 日ハム輝星「開幕3戦目先発」に現実味

  8. 8

    ジャニーズ事務所<1>スキを見せない「帝国」に生じた軋み

  9. 9

    賃金偽装 厚労省キーマン「官邸の圧力」否定は矛盾だらけ

  10. 10

    「きっかけは私」島袋寛子が匂わせたSPEED解散“複雑理由”

もっと見る