広島も白旗…肩と送球だけじゃない“甲斐キャノン”の作り方

公開日:  更新日:

 技術だけではない。

 日本シリーズ史上初、育成出身でMVPを獲得したソフトバンクの甲斐拓也(26)。日本シリーズでは、新記録となる6連続盗塁阻止をやってのけ、機動力を武器にリーグ3連覇を果たした広島の「足」を完全に封じた。

 これには、育成に定評のある広島の松田オーナーも「いかに才能を漏らしているか痛切に感じた」と白旗。他球団のスカウティング方針をも変えつつある「甲斐キャノン」はそれほどまでに衝撃だった。

 耳目を集めるたび、持ち前の強肩や捕球してから二塁への送球の速さが注目された。ただ肩が強い、だけでいえば他にもいる。巨人の小林誠司もそのひとり。しかし、今季の盗塁阻止率は.341。甲斐の.447と比べて1割以上低い。

 小林は2年連続沢村賞を獲得した菅野智之の「相方」だが、小林は菅野に気持ち良く投げてもらうことで好投を引き出すタイプだ。甲斐は普段、謙虚で物腰が柔らかい。優勝後の会見でも、盗塁阻止率100%の快挙に「投手の方が牽制やクイックを工夫してくれたおかげ」と謙遜していた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  3. 3

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  4. 4

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  5. 5

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  6. 6

    米中“諜報戦争”激化で…安倍首相は日中関係のちゃぶ台返し

  7. 7

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  8. 8

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  9. 9

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  10. 10

    食えもしねえのに食い意地の張った巨人・原“監督大将”の話

もっと見る