広島も白旗…肩と送球だけじゃない“甲斐キャノン”の作り方

公開日: 更新日:

 技術だけではない。

 日本シリーズ史上初、育成出身でMVPを獲得したソフトバンク甲斐拓也(26)。日本シリーズでは、新記録となる6連続盗塁阻止をやってのけ、機動力を武器にリーグ3連覇を果たした広島の「足」を完全に封じた。

 これには、育成に定評のある広島の松田オーナーも「いかに才能を漏らしているか痛切に感じた」と白旗。他球団のスカウティング方針をも変えつつある「甲斐キャノン」はそれほどまでに衝撃だった。

 耳目を集めるたび、持ち前の強肩や捕球してから二塁への送球の速さが注目された。ただ肩が強い、だけでいえば他にもいる。巨人小林誠司もそのひとり。しかし、今季の盗塁阻止率は.341。甲斐の.447と比べて1割以上低い。

 小林は2年連続沢村賞を獲得した菅野智之の「相方」だが、小林は菅野に気持ち良く投げてもらうことで好投を引き出すタイプだ。甲斐は普段、謙虚で物腰が柔らかい。優勝後の会見でも、盗塁阻止率100%の快挙に「投手の方が牽制やクイックを工夫してくれたおかげ」と謙遜していた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    岡部大がブレークか 代役MCにドラマ出演、CMも隠れた人気

  2. 2

    「エール」音の妹と裕一の弟子が急接近…「露営の歌」秘話

  3. 3

    優香に女優復帰待望論 衰えぬ美貌で深キョンもタジタジ?

  4. 4

    “青汁王子”こと三崎優太氏のYouTubeでの主張に対する弊社の見解

  5. 5

    悪徳マルチ元会長逮捕で安倍前首相が国会で“球拾い”する日

  6. 6

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

  7. 7

    宝くじ億万長者の2人…同じ数字の組み合わせを20年間継続

  8. 8

    「集団就職」の真偽を問いただすと口調が興奮気味に一変

  9. 9

    ドコモ口座詐欺事件で知っておきたい絶対NGな「暗証番号」

  10. 10

    菅内閣“ご祝儀報道”の裏で着々…真の肝入りは法務と警察

もっと見る