日米野球は賞金総額9000万円 侍ジャパンのギャラいくら?

公開日: 更新日:

 4年ぶりに行われた日米野球は15日、日本代表が勝利。全6試合を5勝1敗で勝ち越し、優勝賞金4000万円を獲得した。1勝につき1000万円の賞金を合わせた賞金総額は9000万円。これを選手、裏方らで分け合う。

 去る5日に福岡に集合した侍戦士は、台湾との壮行試合を皮切りに計7試合を戦った。11日間の拘束となった今回の日米野球のギャラは一体いくらか。複数の関係者によると、選手は1日当たり約20万円。前回14年大会とほぼ同額。賞金を合わせた総額は450万円程度とみられる。

「メジャー組の賞金を除いたギャラは500万~1000万円程度。選手のキャリアによって幅があるといいます。この日、一足先に帰国したモリーナ(カージナルス)の年俸は2000万ドル(約23億円)だけに、最大級のギャラを得ているはずです」(マスコミ関係者)

 大金を投じたお祭りには連日、多くの観客が詰めかけた。菅野(巨人)や菊池(西武)ら目玉選手を欠きながらメジャー組にも勝ったし、大健闘といえるのではないか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    NHK大河「いだてん」大コケでわかった ドラマとは主役次第

  2. 2

    李柄輝氏が語る朝鮮の原則「米国が提案蹴れば行動に移る」

  3. 3

    伝説の麻薬Gメンが指摘 ピエール瀧コカイン常習の“証拠”

  4. 4

    朝から晩までピエール瀧 おかげで安倍悪辣政権が6年安泰

  5. 5

    “黒塗り違法”判決にもダンマリ…財務省の呆れた隠ぺい体質

  6. 6

    フジ月9の“復活”を占う 錦戸亮「トレース」最終回の視聴率

  7. 7

    私情や保身を優先する愚かさ 野党結集を邪魔する“新6人衆”

  8. 8

    V候補の星稜は…センバツ初戦「勝つ高校」と「散る高校」

  9. 9

    また偽装発覚…安倍首相が施政方針演説で巧みな“錯覚工作”

  10. 10

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

もっと見る