懸念される“日本S後遺症” 侍Jは日米野球「うまく」やるか

公開日: 更新日:

 6日、侍ジャパンが9日開幕の日米野球に向けた初練習を前に、全体ミーティングを実施。

 冒頭、稲葉監督が「2020年の五輪につなげていきたい。メジャーリーガーと対戦し、個々のレベルアップにつながっていけばいいと思っています」と大会での指針を示した。

「勝ちにこだわっていきたい」とも意気込んだ稲葉監督だが、世界大会が行われるたび、叫ばれるのがシーズンへの悪影響だ。

 昨年のWBC後はヤクルト山田哲人ロッテ石川歩が不振に苦んだ。さらに、開催がペナント開幕直前だったことで、打者はメジャー投手に多く見られる短い間合い、投手はNPB公式球に比べて大きくて滑るボールへの対応などで「WBC後遺症」が多発。選手会が開幕延期を求める事態にも発展した。

 今回の日米野球はWBCとは違い、興行要素の強い大会。時差のない日本開催も選手への負担は少ない。しかし、出場選手の中には日本シリーズで注目を浴びたソフトバンク甲斐拓也広島大瀬良大地など、つい3日前まで真剣勝負をしていたメンバーも計10人選出されている。日本シリーズは延長十二回引き分けとなった初戦の4時間38分をはじめ、6試合で計22.5時間の激戦だった。2年後に向けた強化とはいえ、「休みたい」のが本音だろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

  2. 2

    山口達也再逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  3. 3

    8歳で来日したサヘル・ローズさん 母と日本で極貧の日々も

  4. 4

    つるの剛士Twitter「リスト」流出 ネットがザワついた中身

  5. 5

    斎藤幸平氏 ウィズコロナで考える“資本主義ではない”社会

  6. 6

    もし万が一、照ノ富士2場所連続Vなら大関復帰させてやれよ

  7. 7

    箱根駅伝は無観客開催…背後に透ける「傲慢とカネと宣伝」

  8. 8

    松岡茉優 初主演「カネ恋」好発進も気の毒な“3つのハンデ”

  9. 9

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  10. 10

    巨人余剰戦力「ロッテ澤村に続け」とトレード志願が殺到中

もっと見る