懸念される“日本S後遺症” 侍Jは日米野球「うまく」やるか

公開日: 更新日:

 6日、侍ジャパンが9日開幕の日米野球に向けた初練習を前に、全体ミーティングを実施。

 冒頭、稲葉監督が「2020年の五輪につなげていきたい。メジャーリーガーと対戦し、個々のレベルアップにつながっていけばいいと思っています」と大会での指針を示した。

「勝ちにこだわっていきたい」とも意気込んだ稲葉監督だが、世界大会が行われるたび、叫ばれるのがシーズンへの悪影響だ。

 昨年のWBC後はヤクルトの山田哲人やロッテの石川歩が不振に苦んだ。さらに、開催がペナント開幕直前だったことで、打者はメジャー投手に多く見られる短い間合い、投手はNPB公式球に比べて大きくて滑るボールへの対応などで「WBC後遺症」が多発。選手会が開幕延期を求める事態にも発展した。

 今回の日米野球はWBCとは違い、興行要素の強い大会。時差のない日本開催も選手への負担は少ない。しかし、出場選手の中には日本シリーズで注目を浴びたソフトバンクの甲斐拓也や広島の大瀬良大地など、つい3日前まで真剣勝負をしていたメンバーも計10人選出されている。日本シリーズは延長十二回引き分けとなった初戦の4時間38分をはじめ、6試合で計22.5時間の激戦だった。2年後に向けた強化とはいえ、「休みたい」のが本音だろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  2. 2

    お台場の海はなぜ汚いのか 水質を知り尽くす港区議が警鐘

  3. 3

    「女子アナ好き」の性癖と合コン主催の太いタニマチ

  4. 4

    ジャニーズ退所・錦戸亮の争奪戦に名乗りを上げた大手プロ

  5. 5

    騒動から3年 いまだ地上波に復帰できない「のん」の現在地

  6. 6

    ミスコン女王にも冷ややかな目…土屋炎伽を待つ不穏な未来

  7. 7

    CMや配信で復活の兆しも…「のん」が干された決定的な理由

  8. 8

    相葉が手紙朗読で早くも確約?「嵐」活動再開への温度差

  9. 9

    日本会議系に統一教会系…安倍新内閣はまるで“カルト内閣”

  10. 10

    1979年に渡辺プロを独立 森進一が受けた“森潰し”の圧力

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る