岡田武史氏率いるJFL今治 J3昇格逃してニンマリは誰だ?

公開日: 更新日:

 元日本代表監督の岡田武史氏(62)がオーナーを務めるJFLのFC今治(愛媛)が、来季のJ3昇格を逃した。 18日のJFL最終節、ホンダロックSC戦が1―1に終わり、昇格圏外の5位が確定したからだ。

「試合終了と同時に今治のスタジアムはシーンとなった。岡田氏は試合が始まるとスタンド上部に設けられているバーベキュー席の近くで観戦。試合後は悔しさと悲しさが入り交じったような表情を浮かべていた」(サッカー関係者)

 そんな岡田氏のJ3昇格ならず! についニンマリしている人がいるともっぱらだ。あるマスコミ関係者がこう言う。

「ロシアW杯の前には西野監督が、10年南アW杯の前には岡田監督がピンチヒッターとして指揮官を務めたが、実は<このパターンが日本代表を強くする>一番の方策なのです。監督交代など非常事態になると選手が一致団結。チーム力がワンランクほど上がり、ロシアでも南アでも16強入りした。日本サッカー協会上層部としては、岡田氏には<常に代表監督を要請できる位置>にいて欲しい。Jクラブ入りに四苦八苦している地方クラブから手を引き、常にフリーでいてくれるのが望ましい。これが本音です」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桑田真澄というカリスマが高校野球に物申したことの意義

  2. 2

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  3. 3

    イタリア政治に風穴あけた「五つ星運動」共同設立者に聞く

  4. 4

    好調"月9"を牽引 本田翼が放つ強烈オーラと現場での気配り

  5. 5

    強豪校監督に聞いた 高校野球の球数制限「賛成?反対?」

  6. 6

    豊洲市場“黒い粉塵”問題 都のお粗末清掃で汚染水まみれに

  7. 7

    大食い客から猛批判「やよい軒」おかわり有料化の視界不良

  8. 8

    安倍首相に怯える公明 増税延期解散なら小選挙区壊滅危機

  9. 9

    “新 加勢大周”でデビュー 坂本一生さんが見つけた天職とは

  10. 10

    いいとも青年隊 工藤兄弟が語った“双子キャラ”への反発心

もっと見る