鹿島DF昌子に仏行き報道 トゥールーズ移籍は“吉”と出るか

公開日: 更新日:

 ACLを制してアジア王者となった鹿島のDF昌子源(25)が来年の1月、フランス南部の1部トゥールーズに移籍することが明らかになった。

 ロシアW杯16強の原動力となり、ACL決勝2試合にフル出場して鹿島の20冠に貢献。W杯終了後にもフランスから複数のオファーが届いていたが、昌子本人は「アジア制覇を成し遂げてから欧州にチャレンジする」と移籍にはやる気持ちを封印し、年明けから満を持してフランスでプレーするというのだ。

 気掛かりなのは身長182センチ、体重74キロの昌子が、どうしても欧州ではフィジカル的に見劣りすること。特にフランスには屈強なアフリカ系選手が多い。昌子のフランス行きは正解なのか?

「昌子の最大の武器は<総合的なディフェンス力>です。守備の洞察力があり、それを迷わずに実行する決断力、そして試合中の修正力が優れています。完全アウェーとなったACL決勝第2レグでは、その特性がフルに発揮されました。現時点では、やや足りないデュエルの強さに磨きをかければ、歴代の日本サッカーを代表するディフェンダーになり得るでしょう」(サッカー専門紙「エル・ゴラッソ」日本代表担当の河治良幸氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  3. 3

    統一地方選で2ケタ議席「N国党」と「幸福党」大躍進のナゼ

  4. 4

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  5. 5

    就職戦線“買い手市場”に激変 新卒採用は氷河期に向かう

  6. 6

    開幕5カード全負け越し“投壊”広島が再建託す2人の秘密兵器

  7. 7

    マラソン大迫傑が牙をむいた日本陸連の「本音」と「忖度」

  8. 8

    ジャニーズ頼みは厳しい?ドラマ視聴率と主題歌の相反関係

  9. 9

    「失われた10年」を「30年」に拡大させた戦後の無責任体制

  10. 10

    会長の「終身雇用守れぬ」発言に隠された経団連の“本音”

もっと見る