八塚浩
著者のコラム一覧
八塚浩

1958年10月16日生まれ。千葉県出身。立教大学卒業後、ラジオ福島に入社してアナウンサー。88年に独立。91年にセリエAでプロサッカー実況のキャリアをスタート。欧州CLは94年から担当している。現在はスカパー!のセリエAとCL、Jスポーツのプレミアリーグ、DAZNのJリーグの実況など。W杯は02年日韓大会開幕戦、06年ドイツ大会準決勝、10年南ア大会決勝などを現地から実況した。

クロスかシュートか判別不可 プレミア3強のパス速度と精度

公開日:

 前節の英プレミアリーグはチェルシーVSエバートンの実況を担当しました。チェルシーは美しいパスサッカーを展開して8勝3分けの3位。対する9位のエバートン・シウバ監督は「相手に気持ち良くプレーさせないことが必要」と試合前にコメントしました。どんな方策を取るのか、個人的にも注目しました。

 シウバ監督が採用したのは、チェルシーの新司令塔として今夏加入したイタリア代表MFジョルジーニョを徹底的に封じることでした。

 エバートンはセネガル代表MFゲイエ、ポルトガル代表MFゴメスがジョルジーニョを執拗につぶしにかかり、勝てないまでも0―0のドローに持ち込み、勝ち点1ゲットに成功しました。

 この日のエバートンのように首位のマンチェスター・シティ、2位リバプール、そして3位チェルシー相手に中位以下チームが、トップ3のストロングポイントをどう消していくか、これが勝敗以上に興味をひきます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  2. 2

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  3. 3

    動くとビキニが…水原希子“透け映えコーデ”に会場クギづけ

  4. 4

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  5. 5

    石崎ひゅーいとは破局か “共演者キラー”蒼井優の次の相手

  6. 6

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  7. 7

    後輩芸人と絶縁宣言で浮き彫りに JOYとユージの好感度の差

  8. 8

    日産は会長人事見送り…ルノーに逆らえずクーデター大失敗

  9. 9

    「THE W」優勝 阿佐ヶ谷姉妹より受けていたのは滝沢カレン

  10. 10

    半グレ摘発も…真空地帯となったミナミを仕切るのはどこか

もっと見る