八塚浩
著者のコラム一覧
八塚浩

1958年10月16日生まれ。千葉県出身。立教大学卒業後、ラジオ福島に入社してアナウンサー。88年に独立。91年にセリエAでプロサッカー実況のキャリアをスタート。欧州CLは94年から担当している。現在はスカパー!のセリエAとCL、Jスポーツのプレミアリーグ、DAZNのJリーグの実況など。W杯は02年日韓大会開幕戦、06年ドイツ大会準決勝、10年南ア大会決勝などを現地から実況した。

クロスかシュートか判別不可 プレミア3強のパス速度と精度

公開日: 更新日:

 前節の英プレミアリーグはチェルシーVSエバートンの実況を担当しました。チェルシーは美しいパスサッカーを展開して8勝3分けの3位。対する9位のエバートン・シウバ監督は「相手に気持ち良くプレーさせないことが必要」と試合前にコメントしました。どんな方策を取るのか、個人的にも注目しました。

 シウバ監督が採用したのは、チェルシーの新司令塔として今夏加入したイタリア代表MFジョルジーニョを徹底的に封じることでした。

 エバートンはセネガル代表MFゲイエ、ポルトガル代表MFゴメスがジョルジーニョを執拗につぶしにかかり、勝てないまでも0―0のドローに持ち込み、勝ち点1ゲットに成功しました。

 この日のエバートンのように首位のマンチェスター・シティ、2位リバプール、そして3位チェルシー相手に中位以下チームが、トップ3のストロングポイントをどう消していくか、これが勝敗以上に興味をひきます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  2. 2

    桑田真澄というカリスマが高校野球に物申したことの意義

  3. 3

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  4. 4

    好調"月9"を牽引 本田翼が放つ強烈オーラと現場での気配り

  5. 5

    イタリア政治に風穴あけた「五つ星運動」共同設立者に聞く

  6. 6

    強豪校監督に聞いた 高校野球の球数制限「賛成?反対?」

  7. 7

    大食い客から猛批判「やよい軒」おかわり有料化の視界不良

  8. 8

    横綱白鵬に帰化を決意させた朝青龍とのギスギスした因縁

  9. 9

    開幕から6戦全勝 原巨人5年ぶりV奪回は“カモ虎”と共に

  10. 10

    DeNA“オープナー制”実らず データ野球浸透の壁を識者指摘

もっと見る