J1参入プレーオフ開幕 湘南vs名古屋の“昇降格争い”に注目

公開日:

 Jリーグの昇格、降格争いが佳境に入った。25日はJ2の「J1参入プレーオフ」が開幕。今季6位の東京Vが5位の大宮を1―0で下し、12月2日の2回戦に進んでJ2・3位の横浜FCと対戦する。この試合の勝者が同8日のプレーオフ決勝に進出。J1・16位のチームと対戦して「勝者が来季J1」となる。 その「J1・16位」は12月1日のJ1最終節で確定する。対象チームは12位の横浜M、13位の磐田、14位の湘南、15位の鳥栖、そして16位の名古屋。どのチームがプレーオフに回るのか? 元サッカーダイジェスト編集長の六川亨氏が言う。

「勝ち点41の横浜Mは得失点の関係で負けても残留の可能性大。今季王者の川崎が相手の磐田、12月12日開幕のクラブW杯出場を決めている3位の鹿島と戦う鳥栖は勝ち目が薄く、勝ち点は磐田が41に、鳥栖が40にとどまる公算が大きい。そうなると、勝ち点が40で並んでいる湘南―名古屋の直接対決が注目です。最終節は同時刻キックオフ。たとえば、磐田と鳥栖が前半で0―3など決定的な差をつけられた場合、湘南と名古屋は互いに攻め込まず、あうんの呼吸で引き分けに持ち込んで勝ち点を41に伸ばすことを優先するかもしれません。そうなると得失点差によって13位・湘南、14位・名古屋、15位・磐田、16位が鳥栖ということになる」

 24日の清水―神戸戦で大乱闘事件が勃発したが、最終節も肉弾相打つドタバタ必至である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  2. 2

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  3. 3

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

  4. 4

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

  5. 5

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  6. 6

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  9. 9

    試行錯誤を経てたどり着いた「バントは時間稼ぎ」の極意

  10. 10

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

もっと見る