最多18人FA流出に前向きも…西武・森友哉が漏らしたホンネ

公開日: 更新日:

 過去、FAによって12球団最多18人が流出している西武。最近では2015年から4年連続でFAによって選手を失い、今オフは浅村が楽天へ、炭谷は巨人へ移籍が決まった。西武の場合、宣言残留を容認するようになったのはごく最近。15年オフには宣言残留を認めない球団が複数あることに対し選手会が異議を唱えたが、16年オフに楽天へFA移籍した岸孝之(33)のときは事実上、残留を認めていなかった。

 相次ぐ主力の流出を、実際に在籍している選手はどう感じているのか。

 27日、ベストナインに選出され、「NPBアワーズ」に出席した捕手の森友哉(23)に聞くと、「確かに、昔から(西武を)出て行く選手は多いですけど、出て行っても特にびっくりはしない」と言い、「むしろ……」と、こう続けた。

「選手が出ることで若手にどんどんチャンスが回ってくるので、若手がしっかり育ってくれたら、それはそれで良い環境ということなんじゃないかと。といっても、僕もまだ若手なんですけど(笑い)。そうやって若手同士で競争しながら、チーム内でも切磋琢磨できればいいと思っています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    事故現場の路上で開胸手術!心停止を救った医師に称賛の声

  2. 2

    自民が陥った参院選目前の“三重苦” 1人区に逆風で状況一変

  3. 3

    安倍首相は真っ青「年金返せデモ」でよぎる“12年前の大敗”

  4. 4

    全米爆笑!バスに乗り遅れ学校サボった男の子の“弁明書”

  5. 5

    安倍政権が露骨スリ寄り 吉本興業と“ズブズブ”三文芝居

  6. 6

    「ドトールのコーヒーはスタバよりも安い」は本当か?

  7. 7

    「集団左遷!!」福山雅治さんに心配してもらった大人の部活

  8. 8

    巨人・小林「銀さんに全部負け」直撃取材に“弱気発言”連発

  9. 9

    日本人も加担 瀬取りの元祖は日朝諜報機関の“接触”だった

  10. 10

    低迷する「いきなり!ステーキ」 V字回復への起死回生策は

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る